ルーン使いの言の葉

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

2016年05月14日

断章U

橘 直哉について。

ぼんやりとしていることが多い。
周りからは上の空でいるように見られるが、本人は考えごとをしている模様。
黒桐は世話役にあたるが、容赦のないツッコミを入れることも。
本編の主人公。
身近な出来事から、3時間後までの近未来を予知することができる。

琴吹 文歌について。

幼少期は、天真爛漫な性格だった。
人の機微にも聡く、見て見ぬふりをすることができない。
橘とは、同じクラス。
学校生徒の命を奪おうとしたとき、彼に止められる。
本編のヒロイン。
生命力と引き換えに、非人間的な身体能力を発揮できる。

御舟 知弦について。

相手のいいところを取り入れることが得意。
成績や品行もよく、学年問わず尊敬の眼差しを向けられているが、本人は気にしていない様子。
琴吹の、親友。
橘を観察しては全てをフォトグラッフィック・メモリーに焼き付けている。
本編のサブヒロイン。
デジャビュとジャメビュを利用して、危険を察知する。

ハンス・C・ミカエルについて。

見た目は10歳ほどの少年だが、累計で247年間生きている悪魔。
快楽主義者で、そのためなら残虐な行為も厭わない。
非常に、子供っぽい性格。
好きな食べ物は、日本製の板チョコと紅茶。
本編のキーパーソン。
空間操作をすることで、様々なモノを軽々と歪曲ないし切断させる。
精神操作が得意とのことだが、空間操作はその奥義と彼は笑う。

廣瀬 灯火について。

現界する際、人間の身体を与えられた強大な悪魔。
慈愛に満ちた感情を向け、近寄った人間を自らの養分にしてしまう。
廣瀬が笑うとき、世界は全ての権利を剥奪されると言う。
本編のキーパーソン。
相手に傷を負わせず、命を絶つことができる。
結界を張ることに長け、自らが近寄っても気付かれることがない。

黒桐 樒について。

真理探究者。
セラピストとして動くことが多いが、客間で経営コンサルタントをしていることも多い。
学術に関して極めて自由なスタンスで、同居している橘にも呆れられる始末。
自助グループ『stilografica』の会員で、資格が与えられたと同時に世界中の会員に会うべく放浪したと言う。
不遇な家庭環境で生まれ育ったからか、同じような境遇である橘を溺愛する。
本編のキーパーソン。
構成材料の把握や改変を得意とし、身近にあるモノを一瞬で殺傷能力の高い武器にしてしまう。

−−『stilografica』

異能集団の社会適応ないし貢献を目的とした自助グループ。
セラピスト、研究者、ハッカー、臨床医、格闘家、学生、フリーターなど、会員の職業は多岐に渡る。
IQが異常値を示すことが多かったり、常人には及ばない知識を保有していることも多い。
設立者が、長く付き合っていた多才な女性と同棲していたとき。
不理解者に追い詰められていく様を一身に見ていて、発起したのが始まり。
現在、会員数は全世界に5000人。
会員には、経済的貧困からの脱却を促すプログラムや学位を得るための奨学金の受給、そして会員同士での交流の自由化などの特典が与えられる。

posted by バロック at 03:05 | Comment(0) | メモ帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: