ルーン使いの言の葉

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

2016年04月27日

昨日に見た夢

昨日は感情が揺れる日でした。
夢見自体が……うん。

かなり、気になっている人が夢に出てきまして。
日常的な会話を、していたのですよ。

今後の話とか。
今、どんな気持ちかとか。

他愛のない、話だったと思います。
特別な話なんて、全然していませんでしたし。

ですけども。
何となく−−幸せ、だったんですよね。

起きたときに、軽くブルーになって。
あの夢が、現実に起こっていないことに。

……とは言っても。
そのかたとは、今後も会えることを考えたら−−そんな気分は、払拭できたわけでして。

僕も、いい具合にポジティブになったモノです。
今現在は−−割と、多幸感に包まれているのかもしれないですね。

悪いことでは、ないです。
慢心しなければ−−停滞を、しなければ。

やるべきことを。
今後も、やり続けなければ。

さてと。
それから、麗水を飲んで……コーヒーを淹れていたのですが。

そのとき、色んな描写が過って。
思わず……泣いて、しまいました←

えっと。
発作性の、感情失禁でしたね。

もともと、感情が動きやすい人なので。
殆どを抑圧する癖を、付けていたわけですが。

今回は−−堪えきれなかったです。
我ながら、傑作な描写が再生されたモノです。

これを……書くかどうかは。
僕の気分次第、ですね。

無理に書いても、駄作に堕ちる可能性が高いので。
じっくりと……温めて、書くつもりです。

大切に、しないと。
僕の泉は−−資産、ですから。

ところで。
なんだかんだで、教え子に支えられている人生です。

仕事には。
彼らに、会いに行くために行っているようなモノです。

楽しいのですよ。
授業も、彼らの成長を見ることができるのも−−数多の壁を、ぶち壊してくれるのも。

恐らく。
僕は、家族が破綻するよりも−−教え子が破綻するほうが。

僕を破壊するのに、うってつけなのです。
今の僕にとっての大切な存在は……何を隠そう、彼らなのですから。

彼らを貶めるような人間は。
例え−−彼らの身内だろうが、学友だろうが……絶対に、許さないんだから。

死んでも死に切れない苦痛を、与え続けながら。
業火に焼かれるような−−そんな復讐を、僕はしますね。

もちろん、彼らが仕出かした不始末は。
彼らに、処理させますけども。

彼らが、やった以上に何かを要求されたときは。
僕は是が非でも−−彼らに手を、差し伸べて救い出す。

そう言った、所存なのです。
……ですから。

僕は、痛感します。
……あぁ、って。

僕は、ただ単に。
安らげる家族が、欲しいだけなんだ……って。

僕が、そこに行き着けるかどうかは。
実は、さっぱり分かりませんが←

そのために、足掻くだけは足掻いてみよう。
そうは、思っているわけです。

これからも、頑張っていこう。
やるべきことを、やるだけです。

posted by バロック at 03:36 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: