ルーン使いの言の葉

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

2016年04月08日

Kくんの場合

実は、僕の教え子で。
Mの会に入会できそうな子が、3人いるのです。

3人とも、僕が普通に授業をやっても付いてきますね。
しょうがないな……と、その子に合わせたことが一回もないです。

それどころか、3人とも。
僕に話題を振りつつ、自らの持論や世界を展開してみせます。

僕に、即興で問題を出題する子や。
自らの構想を、数十秒で描いてみせる子。

そして。
今回、お話したい子は。

書くと、一回で覚えてしまう特殊能力の持ち主である。
Kくんの、お話なのです。

−−彼とは、僕が塾講師として働き始めた頃からの付き合いで。
非常に、しっかりとした子でした。

真面目でありながら、ウィットの富んだ冗句にも対応する子で。
責任感もあって……しかも、スポーツ万能と言う←

スポーツの才覚につきましては。
本気で、羨ましく思っていたりします−−いや、僕はスポーツが不得手ですから←

で。
彼の授業が、昨日にあったのですが。

いつも通り、演習時間に僕が無賃労働をしていたので。
取り敢えず、休憩がてら問題を出題したのですよ。

こんな、問題です。

め,た,?,へ

……皆さんは−−あなたは。
正解できますか?

答えは、し、です。
これを、Kくんは15秒で解けましたね。

め、の前は、け、とも言いましたが。
非常に、早かったですね。

他には。
こんな問題を、出題しました。

A,A,B,C,E,H,M,?

こちらの答えは。
U,です。

彼は、これについては苦戦していましたね。
まぁ、最初の問題に正解できただけ上出来なのですけども←

あとは。
こんな問題でしょうか。

四苦八苦→5
我田引水→4
春夏秋冬→9
悲しい→?

と、言う。
Kくんはこれ、苦手そうでしたねぇ。

幾何がどうやら、苦手なようです。
単純に考えると、これは解けるのですけども。

あ、因みに答えは。
0、です←

これにつきましては、簡単に解説しますと。
囲まれている図形の数、なのですよ。

さてと。
その他にも、色々と出題したのですが。

Kくん、なかなかにスマートでした。
本格的にIQ問題を出題したわけですが−−かなり解かれたので、思わず笑ってしまいました←

……で、どうやらKくん。
僕に、問題を出題したくなったようでして。

難しくないと思います。
なんて言われて、こんな問題をもらったわけです。

橋→12
言葉→23
耳→6
鼻→?

……皆さんは、お分りになりますか?
僕は、1秒ほどで答えました。

正解は、15ですね。
音にして、語呂にして足し算なのです。

答えたら、その顛末を聞かせてもらったのですが。
新しいクラスの子に、問題を強請られたそうです。

で、出題したのがこれみたいで。
殆どの子が、答えられなかったそうです←

ただ、1人だけすぐに解けたらしく。
急に面白くなった僕は、問題を作ってKくんに解いてもらった後。

それを、彼に渡しておきました。
その子になんて僕を説明する?−−と、聞いたところ。

俺の通っている塾の先生だよと伝えます、とのことで。
それでいいよ……と、言ったのち。

しつこくどんな先生か訊かれたら、凄まじく頭のいい先生だと言ってはぐらかすことにします。
なんて、言われました←

……あはは。
否定するわけに、いかないからな……うん←

そんなKくんですが。
今年度、晴れて中学3年生に進級しました。

進学する際に、彼について心配なところは。
極度の、動物嫌いだと言うことでしょうか。

最近、『人間すらも嫌いになってきたんですよ、やばいです』なんて言うので。
心理士としての力量が、どんどん問われてきているな……なんて、思っています。

頑張らないとなって。
いつものように、思う今日この頃、なのです。

……他の、教え子についてですか?
そのうち、お話しましょうかね……興が、乗ったら♪←←←

posted by バロック at 02:23 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: