ルーン使いの言の葉

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

2016年03月15日

アドバイスについて

アドバイスって、大きく2つありますね。
響くアドバイスと、響かないアドバイス。

もっと言い方を変えるのであれば。
グサッと刺さる忠告と、聴いたら鬱になる忠告……でしょうか。

前者は、大きく自分自身を変えるきっかけになり得ますね。
ゆえに、聴いたほうがいい。

ですが後者は……例を挙げるならば。
足を引っ張るための忠告、ないし忠告者のための忠告、だったりします。

つまり、毒にしかなりません。
そう言った言葉は、聴かないほうがいいです。

若いうちは、耳障りなことを聴くとよい。
と、某番組で言われていましたが。

それも、やっぱり極論なんですよ。
不必要なことは、聞かなくてもいいんです。

人には、『知る権利』と『知らない権利』と『知らせない権利』がありますね。
公共の福祉に、反しない限りは。

ですが……【知らせる権利】なんてモノは、存在しないのです。
ゆえに、知りたくもないことを伝えてくる人には上手く、接さなくてはなりませんね。

そもそも、グサッと刺さる忠告をくれる人の大半は。
こちらから悩んで訊いた際に出てくることが、殆どです。

これから付き合っていく上で、どうでもいい人には。
心に刺さるアドバイスなんて、しませんから。

……ですが、聴いたら鬱になる忠告ならば。
別にしたところで、【どうでもいい】からしますよね。

情報を発信する者として。
文筆家を志す者として。

こう言った、使い捨てのような発言をされるかたを。
僕は……許せないんですよね。

僕ひとりだけでは、彼らを絶滅させることは不可能ですが。
より減らし、こちら側の人間に回心させることは……可能、じゃないでしょうか。

ゆえに、僕は情報を発信しているのかもしれませんね。
今回は、そう言った意味合いでお送りしました←
posted by バロック at 13:30 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: