ルーン使いの言の葉

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

2016年03月08日

本日、地元にて。

実は、本日は。
我が県では、公立高校入試がありまして。

僕が住むところは、田舎なので。
公立のほうが偏差値の高い高校が多い−−と、言うところですが。

僕の教え子が一斉に、受検に行ってきた筈です。
2人ほど、気になる教え子がいますが。

その他は、合格しているでしょう。
よっぽどの、事故がない限り。

……まぁ、もしも。
『ルーン使いの言の葉』を教え子が読んでいるとしたら。

と、言うことで。
ここに、色々と書こうと思ったわけですが。

…………
………………………

まずは。
受検、お疲れ様でした。

やるべきことをやった、気分はいかがでしたか?
爽快でしたか?−−それとも、きつかったですか?

正直に言ってしまって。
合否なんて、殆ど関係ありません。

高校への進学で、未来なんて確定できやしませんし。
寧ろ、未来は決して明るくはありません。

ゆえに。
未来を照らせる人材に、これからもなっていってください。

僕も、努力し続けます。
高校は、通過点に過ぎません。

自ら保有している資源を、大切に。
必ず死ぬ前までに、全て使い切ってください。

ただ……そんな話よりも。
本当に、お疲れ様でした。

合格発表までの日にちは、よく休み遊んでください。
それだけのことを、してきたのですから。

さぁ。
苦楽が綯い交ぜになった楽しい日々が、待っていますよ。

…………
………………………

−−なんて。
本当に、高校は人生の中ではごくごく一部に過ぎないんですよ。

これからどうするか。
それに、尽きるんですよね。

ですから。
彼らの今後に、期待したいところです。

僕も、追い抜かれないように。
努力し続ける、だけですね。
posted by バロック at 15:40 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: