ルーン使いの言の葉

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

2015年12月28日

フェリーもろもろの話

えっと。
地元から経由地までの海が大時化で、船酔いするかと思いました←

港で白波が立っている時点で、察しはつきましたが。
通路を歩く際に圧力が歩けないほどかかるーーと言うのは、あまりない経験だったのですよ。

経由地からの、目的地への道筋はまぁーー快適でしたけども。
このまま大波が続いたらどうしようか……とは、かなり思いましたね。

と、言うわけでして。
今回は、フェリーのお話。

今回の日本海は、波が4mを超えていたので。
どのような揺れ方をするかは、経験上知っていたわけですが。

取り敢えず、考えたことは。
揺れに慣れるまで横になっていようーーと言う、ことでした。

立っているときは、縦揺れの場合。
もろに、圧がかかりますからねーー横になっているが、吉でした。

……え、昼食?
フェリーターミナルで済ませてたので、すっぽかしました←

なんて。
そうそう、フェリーの出発時刻なんですけども。

まぁ、3時間半遅れたんですよね←
先程も申した通り、凄まじい時化だったのでーーよく止まらなかったな、と言う気分なのですが。

こんなこともあるのかと。
取り敢えずは、心に留めておく出来事と相成りました←

で。
昼食はすっぽかしたわけですが、軽食は摂りましたね。

船酔いの原因が、空腹であることも多いですから。
こう言った場合は、お腹の中を満たすのが先決だったりはします。

とか言いながら、売店はそんなに利用しなかったわけですけども←
先程も申した通り以下略()

とは言いつつも。
出港して6時間ほど経ったところで、波が落ち着いたので。

大浴場へと、向かったわけなのです。
そこで、運命的な出会いをしたわけなんですけども(注・物知りな男性です)←

あのあとから、退屈せずに済んで助かりました。
いやぁーー夜更けまで、語ったかたった←

こうやって、非MENSA会員でも話ができるのは嬉しいことです。
実際、そんなかたってーー多いですし←

そのかたについてのお話は、いつかするとしまして。
さてと。

そのかたともう少し、語ります。
京都駅まで、ご一緒するゆえーーあぁ。

京都、楽しみ。
……え、フェリーから得た教訓?

大時化には気を付けましょう。
で、暇対策は確実にしましょうーーと、言うことですね←

……はい。
これから京都に向かいまーす←
posted by バロック at 09:42 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: