ルーン使いの言の葉

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

2015年12月23日

ほろ酔い

酔っ払うまで飲むことが、まずないのですが。
今宵は少し、お酒を嗜みました。

今は、理性が飛ばない程度にアルコールを摂取したところです。
このときがいちばん、トランス状態になって本音を言えますから。

ーー僕は、お酒の付き合いを苦手としてきました。
素面で話したいと言うのが、本音だからです。

相手が理性的な状態で、お会いできるのであれば。
僕はその方が、いいのです。

けれども、僕は。
場合によっては、美味しいお酒を付けたいときがあります。

興が乗ったときなんかは。
お酒が、欲しくなります。

けれども。
正直に言うとーー僕、アルコールを回した状態の僕自身がきらいです。

すごく、惨めになります。
記憶を洗い流す儀式の如く飲むことも場合によってはありますがーーそれは、記憶の馴化を促すことに直結するからかもしれないです。

あと、僕はアルコールに耐性があるほうではないので。
閾値と頭痛は、セットだったりします。

今も、若干頭が痛いです。
アルデヒド分解酵素が、僕には足りません。

ただ、思うことは。
今、凄まじく筆が進むなぁーーと、言うことです。

アルコールが、入っているからでしょうか。
それとも、僕の【お友達】が疼いているからでしょうか。

僕の【お友達】は。
夢の中で、登場することが多いです。

僕の脳内に、いつの間にか居座られて随分と経ちますが。
僕はこれを、異常だとは思っていません。

まだ、多重人格者にならずに済んでいるくらいですから。
寧ろ、僕の自我同一性の一貫性を褒めていただきたいですね。

とは言いつつ。
これって、公言すると勘違いされやすいことのひとつかも、ですけども。

……ただただ。
実のところ今は、現状に潰れそうです。

この逆境は、僕への罰なのでしょうか。
もうーーシシュフォスの岩みたいで、嫌ですね。

もう嫌だと。
駄々をこねている自分自身にも、嫌気が差しますが。

まずは、できることを着実に。
とにかく、やっていくだけです。

現状は、待っているだけでは変わらないですから。
できることを、着実に。

やっていくだけです。
明日起きたとき、生きていますように。
posted by バロック at 02:21 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: