ルーン使いの言の葉

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

2015年12月09日

恋慕を愛してこの世を生きる

つくづく、思うのですが。
僕には恋で、この世を生きているところがあります。

その代替が、利くのか否か。
それもよく、考えるのですが。

期間限定でそうなのだろうと。
思うようには、しています。

恋は、盲目です。
と言いますか、そうであるべきです。

その人しか、想うことができなくなって。
気を紛らす間も、その人がちらついてーーそのほうが。

その人を、憎むことができるから。
恋慕は愛に、なるのだとーー今のところは、思っています。

さてと。
急にこいつはどうしたんだ、と思われたでしょうけども。

平常運転ですよ←
いや、そうですって←

……僕を初見の人は、挙ってそうなのですが。
僕の一挙手一投足に、笑い始めるんですよね。

いや、それは到って普通です。
僕の言動、普通じゃないですもん。

どこか、おどけていますし。
動き方も、ぎこちないですし。

大人ぶっているときほど、幼稚ですし。
子供っぽいことを言っているときなんかは大抵、ドス黒いことを考えていますし。

どこからどこが、演技かも忘れましたよ。
ひっくるめて、僕そのものなのでしょうがーーうむ。

たまねぎみたいだ。
なんて、今思いました←

……あー、取り敢えず。
僕のボケにツッコミを入れてくださるかた……探さないと←
posted by バロック at 01:01 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: