ルーン使いの言の葉

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

2015年12月07日

エフェクト

よく、著名人が訊かれることに。
影響を受けた作品は何か?ーーと言うモノが、ありますね。

ないし、投稿用原稿のエントリーシートのようなモノに。
いちばん影響を受けた作品を、と言う欄があったりするのですが。

実は僕、そう言った質問に答えるのが苦手だったりします←
みんな等しく影響を受けとるわ、と思ってしまって。

もちろん、小説として投稿する際には。
小説家の先生ないし作品を挙げることになるんでしょうが……僕、ニガテですね。

僕、ベストを決めるのが不得意なんです。
ベターを決めるのは、非常に得意なのですが。

恐らく、それは。
僕が頂点に君臨したことがないからーーかも、しれないですけども。

何でも、いちばんになったことがないんですよね。
なったとしても、その一部の話だったり、同列の人がいたりで。

あと、僕の性質上。
先駆者として動くことよりも、その人の右腕として自由に特定の人物を動かすことのほうがーー好きなので。

……パシリのほうが向いている?
いや、寧ろ逆ですよ。

頂点に君臨する人が、いちばんのパシリじゃないですか。
責任能力がいちばん問われる人間ですから。

一極集中されますし。
頂点にはーー特に。

その点、右腕のポジションは気楽です。
自由が利くし、人を動かしやすいしーー場合によっては、頂点の人間を動かす権限も持つ。

……まぁ、そんな思考形態だから。
いつまでも、ベターしか決められないのでしょうけども←

……あ。
でも、僕の優柔不断さは自分自身のことにしか当てはまらないですね。

自分の組織ないし構想上のことであれば。
最良の想定から最悪の想定までするのでーーバッサリと切り落としたりも、できます。

ゆえに僕は。
好きな人ができたときなんかはーー盲目に、見せかけます。

見せかけるだけで、充分です。
それだけで、僕の脳は騙されてくれる。

ーーそうすると。

成就したら、その子しか見ることができなくなるし。
叶わなかったら、切り替えることも可能ですね。

……よく、僕をこう評する人がいます。
あなたは騙されやすい、と。

これは、不正確な評価です。
正確にはーー僕の脳が、騙されやすいーーです。

僕の頭の中は、法助動詞でできていますよ。
それで脳を騙してーー騙し切っています。

……解除するときは、こう囁いています。
それは気のせいだーーと。

まぁ、纏めますと。
ベストを決めるのが苦手なのは、そう言うことーーと言う、お話でした←

……。
………………纏まってねぇ……

あー、また同じネタでリトライしますわ。
今回は、この辺で〜
posted by バロック at 14:38 | Comment(0) | 自己紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: