ルーン使いの言の葉

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

2015年11月26日

指導方針

何の気なしに、本日はこんな気分です。
指導の方針につきまして。

思うことが、ありまして。
この子は伸びるなーーと言うことが、どうやら他の同業者のかたにも分かるようだと。

最近、共通認識で分かったモノですから。
これって、興味深いことです。

僕の授業の場合は。
全ての箇所で集中しなくては、付いてこられないモノに態としているのですけども。

それって、意地悪とかそう言ったことではなくて。
思考停止状態を招く授業に、何の意味もないと思っているからです。

how-toの方が、覚えやすいと言う人もいます。
本人の意向は尊重するのは、僕はしますがーー基本骨子は、《集中型姿勢》なんですよね。

集中して授業を受けてきたからこそ、得られる報酬。
教養ないし素養を磨くための基盤構築による達成感や理解度ーーと言うモノに関しては。

僕の教え子は、他の講師陣から指導されるよりも蓄積されている。
そう、僕はーー自惚れ抜きで、認識しております。

ーーゆえに。
考えることのできない教え子にとっては、僕の授業は苦痛なようです。

極端に、分かれますね。
僕の授業がアミューズメントと受け取る子と、苦痛に感じる子が。

実は、これに関しては。
指導する前に、姿を見ると分かります。

顔付きや、感情の機微。
物事に対する柔軟性や、行動力ーーそれが、目に見えるのです。

……実は、本日。
同業者のMENSA会員と、お話する機会がありまして。

そのかたも、同じことを思うようです。
探りを入れるような感じで話してしまったので、ちょいと申し訳ない気持ちにはなりましたが……うん。

あと、ですね。
昨夜に指導した教え子から、こう言われたのですよ。

先生よりも指導が上手くて頭のいい人って、本当にいるんですか?
……なんて。

頭のいい人に関してはたくさんいるよ、と。
あと、僕よりも指導が上手い人なんて、ゴマンといるよーーと、言ったのですが。

教え子曰く。
先生の言うことはみんな正しいし、思考も先の先を行くーーこんなすごい人は、自分の中では初めてなんです。

……とのこと。
これはこれで、ありがたい話なのですが。

えっと。
ところが、ですね。

僕の授業と相性の悪い教え子。
特に、家庭教師としてやっている場合はーー色んな齟齬が、生まれたりします。

それをここでは、申すつもりはなかったりします。
契約の切れた人の話をするなんて、よくないですからねーーなんて。

そうですね。
僕はーー身内には、優しいですけども。

甘い、と言っていいくらいに。
ですがーー身内外には、本当に冷たいんですよね。

この、非情さは。
誰にも真似してほしくないなーーと、思う所存なのですが。

取り敢えず。
指導方針ーーポリシーは。

教え子が楽しめ、且つ学びに直結する授業。
これを、毎度心掛けています。

……なんて。
疲れているからか、長々としてしまいましたね。

今回は、この辺で←
posted by バロック at 02:32 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: