ルーン使いの言の葉

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

2015年07月11日

万が一、僕が死んだら

不穏なタイトルで申し訳ないです←
ただーー妄想を含めて、本音を言ってしまうと。

僕は今現在まで。
命を狙われても文句が言えないようなことを、してきました。

必死に生きてきてますし。
必死にーー色んな方々に濃密に、ご迷惑をおかけしてきているので。

もし仮に。
僕がーー5年以内に事故死するとしたら。

それは、他殺なんだろうなぁと。
そう、思うわけです。

簡単に言ってしまえば。
現状を打破するために、人に恨まれるようなことをしているーーと、言うことです。

本当に、必死で行動すると。
必ず死ぬんだなーーと、思うわけでして。

恨まれた分は、何としてでも償いますが。
問題はーーその途中過程で、僕が死亡した場合でしょうか。

僕だからこそ償える罪を。
誰が、肩代わりできるモノか。

僕が地獄に落ちたとしても。
生きている世界じゃあ、そんなことは分からないでしょうから。

結局のところ。
僕の罪を、誰かが償うことになるわけでして。

ですから、思うわけです。
1年経てば、この償いは終わるので。

どうか僕を、殺さないでください。
ーーと。

……殺し屋って、事故死や自然死に見せかけるのが上手いんですよ。
フィクション、ノンフィクション問わずーーです。

僕がもし、交通事故に遭うのだとすれば。
それって、仕組まれてるんだろうなーーと言う、妄想です←

急に頭がおかしくなったーーと、思われるかもしれませんが。
これでも僕は、平常ですよ。

これから、塾講師としてのお仕事を全うしてきますし。
Amazonの在庫もだいぶ枯渇しそうなので、発注もかけますし。

ですがーーその、日常が。
僕にとっては、ひどく恐ろしいのですよ。

常に、同じように日常がやってきて。
非日常の存在を忘れた頃にーーそうやって、日常が崩壊していくんですもん。

僕にとっては。
非日常のほうが、恐れるに足りません。

日常のほうが、恐いです。
いつ、崩れていくのかーー本当に、読めないんですもん。

ですから。
こんな日記も、書いてみたりします。

ーー基本的に。
今この瞬間に、僕の心臓が止まってしまってもーー後悔のない行動をするのが、僕のポリシーです。

今は、これをしたためるべきだと。
そう、第六感が告げてきたので。

こんな、不穏な日記を書いてみました。
伏線のつもりで張りましたがーーフラグにならないことを、祈ります。

さてと。
では、戻りましょうかーー表面上は平和な、日常へ。

posted by バロック at 13:04 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: