ルーン使いの言の葉

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

2015年06月28日

浮世

昨日のことを、熟考してみます。
印象深い日でしたから。

ーー今回は、そのことを述懐しますね。
そんな気分です。

まず、新しい教室が開かれたので。
僕が一旦、お呼ばれすることに。

1コマだけ、体験授業を担当したのですが。
恐らくはーーその教室でもう2名ほど、指導するモノかと思われます。

……少なめに、したほうがよくてですね。
我が教え子、やる気に満ち溢れている子が多くーー夏期講習に10コマ入れたいと言う子が、ゴロゴロいるので←

で、新しい教室で担当した子も。
夏期講習に、10コマ入れたいとのことでしたーースケジュール管理、きちんとしないとまずいっす←

なんて。
ありがたいお話です。

また、新しく受け持つことになった教え子は。
非常に素直で、伸びる素養のある子でした。

教室長とも、その子の所感を述べ合ったのですが。
印象は、それぞれ同じだったみたいです。

ーー個人的に。
同一人物の筈の教室長が、新しい教室ではかなり優しかったことが非常にーー印象的だったりします←

元から僕が在籍している教室では、鬼のような存在ですから。
……申し訳ないと思いながら、そんなイメージでしたから。

考えを改めるべきかもしれません。
んー、時と場合と場所で性格が変わるのかーーもしくは、イメチェンか←失礼

と、言うわけでして。
新しい教室でも、やっていけそうです。

さてと。
そんなわけで、夜の指導に向けて駅前の教室に向かったのですが。

ーー雨が、降っていて。
それが妙に、甘い匂いがしていた記憶があります。

花の蜜みたいな匂いで。
意識の境界がなくなっていく心地を味わったのですがーーなんだったんでしょう?←

そんな、上の空で動いたからか。
駅構内の雑貨屋さんで戴いた試飲用のコーヒーを、袖に零しまして←

ジャガイモでできた麺を試食させてたおばさまに、ウィットティッシュを戴きました←
いやはや、申し訳ないと思いながら。

ーーで、指導に向かったわけですが。
その際に、僕のことについて色々と質問があったので。

それについて、答えてみたら。
『先生って恐ろしいです』と言われました←

……んー、夢も見せるし現実も見せるよーーと、言っただけなのですが。
そしてその際に、理由を訊かれたのでーーそれに答えただけなのですが。

ーー気になるかた、いらっしゃいますか?
今回は、お伝えしませんがーー興が乗ったら、書いてみますね。

ーーで、実のところ。
深夜から朝方にかけて、もっと印象的なことがあったのですがーーそれは。

お話する予定は、今のところはありません。
浮世に生きている生写しーーとでも、表現しておいて。

今回は、〆ておきますね。
多分、明日からメールマガジンを再開するのでーーよろしくです♪
posted by バロック at 16:52 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: