ルーン使いの言の葉

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

2015年06月18日

大人って、なんでしょうねー

大人とはなんぞやと、思うことがあります。
自由奔放な大人や、無責任な大人は論外としまして。

なんだかーー考えたりは、します。
大人とは、どう言った生き物かと。

これは、僕の主観なんですけども。
大人って、次世代の人間に。

楽しさや、厳しさを教えるだけでは役不足な気がするのですよ。
なんだかそれでは、普通だなって。

じゃあ、僕はどう思っているかーーですけども。
大人って。

本質に沿った、複数の本音を。
相手に合わせて、使い分けられる人だと思うのです。

相手にも、立場と言うのがありますね。
僕はそんな場合ーー相手にとって最良の本音を、お伝えしますね。

だって、そうしないと。
救われないのですよーー互いに。

もちろん、それを八方美人だと仰るかたもいらっしゃるかもしれません。
ですがそれって、ちょっと違いますね。

本質とは異なることを喋るから、そうなるのですよ。
そこから外れなければ、いくらだって本音は同工異曲なモノを作れると思いますよ。

勘違いされているかたも、いらっしゃるかと思いますが。
やっぱり、本音を複数持つことは大事だと思います。

そうすることで。
相手に思いやりのある言葉をーー紡げるのでは、ないでしょうか。

今回は、そう言った話でした。
単刀直入に話すことも重要ですがーーこう言った手法も、大事だとーー思いますよ。
posted by バロック at 00:40 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: