ルーン使いの言の葉

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

2015年06月04日

相手の言葉遣いでだいたい把握

言葉は知性の表れだと、思うのですよ。
……急にどうしたって、話ですね←

いや、でも実際。
そう、ですよね。

言葉が伴っての行動、と言いますか。
行動が伴っての言葉は、あくまで後付でしかないですし。

僕は心理学の学問探究からだいぶ離れている古い人間ですから。
普通に、ジェームズ・ランゲ説とか言語相対性理論とか持ってきてしまいますけども。

そこから考えてしまうと。
語彙が貧困と言うのは。

日本国憲法を知らずに、日本で生きていくようなモノです。
もっと単純に言えばーー自然法をサッパリ知らない状態で生きてるのと一緒と言いますか。

で、何の話をしているか。
ですよねーーえっと。

父親が、あろうことか某クラブの会長を務めているのですが。
懇親会らしきモノの開催のための葉書を、作成したみたいでして。

家に、控えが届いていたのですね。
葉書なので、目に付いてしまったのですがーーうん。

尊敬語と謙譲語と丁寧語が、混沌と入り混じっています。
文脈喪失はしていないのですが、知性を感じません。

ーー父親はいちおう、会社のポストでは。
事務所を任される程度のトコなのですがーーそれでも。

営業や伝達内容の報告で、文書には気を付けるとは思うのですよ。
僕なら、こんな葉書と同じクオリティーの文書を報告書で書かれたらーーボツにしますよ。

しかも、この葉書。
クラブの会員に、渡っているわけですよねーー息子として、恥しか感じないです。

教養のない会長の息子と知ったら。
誰でも、僕をそう見るでしょうから。

本当にーーこのクラブには、関わり合いを持ちたくない。
これが、本音です。

……情けないですよ。
そんな父親のもとで息子をやってきたからこそーー僕の言語リテラシーが構築された部分も、ありますが。

彼を気にしないだけの肝っ玉が、欲しいですね。
そう、思いますーーえっと。

礼儀とか、そう言ったモノも。
言葉や思考形態で、すぐさまバレます。

あぁ、これは薄っぺらだとか。
これは本音だなーーとか。

……なんでしょう、この歯痒さは。
齷齪します。

父親は、本当に教養がありません。
ーーまぁ、儒教の考え方から言えば。

僕には儒学が足りないのでしょうし。
父母を敬うことは、どの宗派にも存在する教義ですがーー生憎、僕は。

様々な思想、価値観。
それらは、大好きですけども。

決してそれには、染まらないんですよね。
これって、なんでなのか考えることがありますがーーえっと。

基本的に、僕って。
期待とか信じるってことを、しないんですよね。

それで、かもしれないですね。
だからこそーーどの考え方にも、縛られないですし。

思えば、特定のポリシーってモノもありません。
いや、実際はあるのですがーーそれは周囲が、勝手に定義付けしてくれるので。

そんなこんなで、動いている僕ですから。
ーーそろそろ、信じることを覚えてもーーいいのかも、しれないですね。

今回は、そう言うことでした。
また気が乗ったら、更新しますね〜♪
posted by バロック at 02:12 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: