ルーン使いの言の葉

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

2015年06月01日

孤独と言う病

あなたは独りではない。
僕はその言葉が、ただ単に突き放しているようにしか感じなかったりします。

最後が、否定文になっているからでしょうか。
肯定は、していないですからね。

最後で肯定するのであれば、説得力はありますけども。
最後で否定するのであれば、説得力はないですね。

孤独、と言う病に冒されている人がいます。
彼らに必要なモノは、肯定です。

重度の罹患者である場合。
その肯定を、否定しにかかりますがーーそこで離れてしまうと、彼らは生きていけません。

常にどこかで。
自分自身の真の理解者がいることを願って、彷徨い続けています。

だからこそ。
簡単に見つかったとき、彼らは素直になれません。

孤独、と言う病は。
他人をも孤独にし、不幸にします。

それほどに、流行りやすいモノなのです。
皆さんのーーあなたの周囲に、そんな人間はいませんか?

因みに。
こう言ってはなんですが。

僕は今現在、それに罹患している状態ですね←
独り相撲をやっている感覚に近いです。

衣食住は、理解者がいてこそ成立します。
仮面家族が衣食住を揃えたところで、なんの意味もないのです。

僕のリアルの周囲では。
誰もがアテにならず、敵に見えます。

ここまで塞ぎ込むのは、久方ぶりですね。
正直ーー恐い、ですよ。

皆さんにはーーあなたには。
僕と同じ経験を、してほしくないーーとまで、思います。

ではないと、僕が辛いですから。
そう、思うわけです。

ーー精神状態が、よろしくないですね。
かなり、空気が薄くーー感じます。

本日より6月と言う気が、さらさらしないですね。
先月の時点で僕、6月の気分でしたから。

ーーそこら辺が、もう狂ってきているんですよね。
調律、しないと。

……すみません、今回は。
あまりいいことが、発信できそうにないです。

ゆえに。
本日のメールマガジンは、お休みいたします。

ご容赦を。
では、一旦この辺で。
posted by バロック at 15:47 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: