ルーン使いの言の葉

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

2015年05月11日

ひと仕事

先週、こんなことがありました。
けっこう、恥ずかしい話なのですがーー暴露します。

ここ数ヶ月で、クレジットカードやローンカードを量産していた僕なのですが。
上司から、お咎めを喰らいまして←

これ以上、申請するなと。
迷惑だ、と。

……一応、カード会社から連絡が行くと言うときには。
事前に、お伝えはしていたんですけども。

あなたくらいだ、とは言われました。
カード会社から、連絡があるのはーーと。

なんでそんなに、カードが必要なのかと言われたので。
「職務経歴書に書いた通りですねーー」と、話を始めたら。

上司は、きょとんとした表情になっていました。
どうやらこの人、本当に職務経歴書を見ていないようでした←

それで、言い返された言葉が。
ちょっと、信じられなくて。

そちらの『本業』があるなら、そっちで申請を通すのが筋ではないかと。
そう、言われたんですよね。

……これには僕、呆気にとられましたね。
呆れ返って、言葉が出てきませんでした。

一応、上司は簿記検定を保持していた筈ですが。
剥奪されるべき、なんじゃないでしょうか。

個人事業主が、どれだけそう言った経理や審査と言うモノに弱いか。
知っての発言かーーそう、思いまして。

あと、『本業』とか『副業』とか。
これほど、仕事をしている人間にとって忌むべき言葉ってーーないんじゃないでしょうか。

まるで、塾講師と家庭教師のお仕事を。
副業のように見られているーーそんな心地しか、しなくて。

ふざけてますよ、そんな認識。
スタッフ業務でどれだけサービス残業をして、授業以外の教え子のサポートをどれだけやってきたか。

それをーー副業なんて、そんな程度にーー思われるなんて。
屈辱です。

僕に、『本業』とか『副業』なんて概念があるわけ、ないじゃないですか。
どれも収入の柱で、欠かせないモノでーーどれも、本気で取り組んでいるんです。

それこそ。
I'm business! ですよ。

本当に、嘆かわしい。
僕にとって、全事象が仕事なんです。

それをやっていくにあたって。
どれも『本来ならば』時給が発生することをしているーーと言う、自覚もあって。

だからこそ。
そこに還元するための方略を、考え続けているのにーー何故なのか。

僕は、何かを間違えてしまっているのか。
そんなことを、よく思ってしまいます。

価値観や物事の捉え方が、一般多数と異なることはーー知っています。
ですが、こんなにも違うモノなのでしょうか。

また、ニヒリストになりそうです。
このままだとーーですね。

とは言いつつも。
一般の家計でやっている人間にとっては。

クレジットカードが複数枚必要だとか。
ローンカードが必要だーーと言う考え方には、結び付かない。

ーーと、言うことは分かります。
それで、生活費決済しかしなければ尚更ですーーが。

だから僕は、思うのです。
それだから、停滞するんだよーーと。

僕には、考えられません。
消費や浪費に、お金を費やすなんて。

入金されたお金を、どうやって増やすか。
それを考えずに消費に使ってしまう人の考えが、理解できないです。

せっかく手に入れたお給料を。
その月に消費して、またその次の月に消費して。

何やってるのって、そう思います。
ここでその数万円、使うの?ーーと。

そして、そんな人に限って。
お金がないとか言ってーー挙げ句の果てに、資本を構築している人間をバッシングします。

マインドから、腐っていると。
言わざるを得ません。

彼らがその経緯を辿るまでに、どれだけの苦労と努力をしてきたか。
それを度外視して、結果だけを見るなんてーー下衆の極みじゃないですか。

僕は、そんな人達が許せないです。
行為無価値論は、そう言った意味で大嫌いです←

……少し、熱くなってしまいました。
ちょっと、クールダウンします。

ーーひと仕事、と言うのは。
全ての資金オプションを揃えることに、取り敢えず成功できたーーと、言うことです。

たくさんの方々に、協力していただきました。
出資してくださるかたもいらっしゃってーー本当に、感謝の念が生まれてきます。

これほど、毒突いていてアレなんですけども。
本当に、感謝しているんですよ。

今の職場にいなければ。
これほどの資金オプションにありつけなかったことは、事実ですから。

個人事業主としてやっていれば。
ネットビジネスに集中はできても、資金オプションで詰んでましたね。

ーーですが。
それも、過去の話です。

今、気を抜いたら。
この事業は、全て崩れます。

ですから。
これからも、本気でやっていくだけです。

今回は、この辺にしますね。
また、時間が工面できたら更新します♪
posted by バロック at 15:09 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: