ルーン使いの言の葉

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

2015年05月05日

悪心

命を削って、今を生きているのであれば。
僕はどれくらい、生きることができるのだろうかーーと、思ったりします。

確実に、寿命が縮まることをやっています。
重要なことで、肝要なことだからこそーー取り組んでいる、今の事業。

足りないです。
まだ、足りないです。

本来ならば、『ルーン使いの言の葉』で。
切羽詰まった状況をお話することは、それほど得策なことではありません。

皆さんをーーあなたをーー不安にさせて、帰らせることは。
僕の主義に、反しますから。

ですが。
自らの思いを抱え込んで溜め込んで、沈黙を貫くのもまたーー僕の主義に、反するのです。

やるべきことを、やらないと。
まだ、できることがある筈です。

ーーこれほど、集中できない状況は。
もう、経験したくなかったのですがーー辛抱の時期、なのでしょうか。

慢性的に、集中できない状況は。
実のところ、しょっちゅうです。

僕は常に、並行してやってきましたから。
ーーそうでもしないと、生死に関わる状況に生まれてきましたからーーずっと。

だからこそ。
それから脱したくてーー抗いがたい運命を、変えたくて。

……僕の羅針盤は今。
目紛しく、回転し続けています。

僕には、選択肢が2つあります。
それは。

ドリームキラーを、倒すこと。
そしてもうひとつは、屈すること。

降参して、諦めると言うこと。
それは一見、楽そうですけどもーー僕には、そう思えないんですよね。

今の状況は、戦争中に他なりません。
そんなときに、投降した人の末路をーーあなたは、ご存知ですか?

情報を聞き出すために、拷問され。
口封じのために、虐殺されるのです。

ーー投降したら、命を落とさずに済むなんて。
そんな虫のいい話は、滅多にありません。

ですから、僕は。
ドリームキラーに、屈するわけにはいかないんです。

一度、手を付けた事業なんです。
諦めるまで、諦めません。

ーーそもそも、諦めるーーなんて。
僕を、誰だと思っているのか。

誰かができて、自分にはできない。
そんな状況を理解した瞬間、悔しさに身を焦がす僕がーー諦める?

するわけないだろ、と言う感じです。
確かに、この劫火に焼かれるのはーー苦痛で、しゃーないですけども。

楽になりたい。
そう、思わないわけがないじゃないですか。

ですが。
そのための覚悟が固まっていないのに、それを願うほど僕はーーこの世界を、甘く見てはいません。

矮小な僕でも。
理想主義の僕でもーー責任は、何が何でもとるんですよ。

それが、大人ってモノでしょう。
当たり前、ですよ。

ーーとある方に。
それに命を懸けられますかーーと、言われたことがありましたが。

僕は、『もちろんです』と即答しました。
ーー僕は。

生きている今、この瞬間に。
急に命を落としてしまっても、決して後悔しないように。

生きて、いるんです。
命懸けが、僕にとってのデフォルトなんです。

ですから。
こうして追い詰められている状況だからこそーー言わせてください。

その場凌ぎで快楽を求め、停滞している人を見ると。
本気でーー苛つきます。

殺意すら、湧きます。
それでも、その人を手にかけないのはーーその後を見据えたときに、割に合わない人生が見えるからです。

なのに。
何でこれほどまでに、苦しいのだろうかーーそう、思うことは多々あります。

ーー教え子に、会いたい。
人に、会いたい。

ゴールデンウィークなんて、いらなかったです。
僕にとって、休日なんてーーあって、ないようなモノーーなんですから。

ですがーーそうですね。
もうすぐ、そのゴールデンウィークも。

幕を、閉じようとしていますね。
皆さんはーーあなたは。

有意義な休暇を、採れましたか?
そうであることを、願います。

僕はこの試練、乗り越えてみせますから。
皆さんはーーあなたはーー是非、楽しんでみてください。

僕の周囲には、皆無ですけども。
この世界には、僕よりも忙殺されていて、周囲から不理解の的にされてーーけれども、その人生に抗っている人が、たくさんいます。

そんな方々を、僕は尊敬しています。
僕のように、アンダードッグ効果を使い分けている、テクニカルな人もいればーー鉄壁のごとく、完璧を演出している人もいます。

どちらも、見ていて。
某かの、学ぶべき教訓が見つかることと、思いますから。

ーー是非、目の当たりにしてください。
僕はこうして潰れそうになると、懸命にそんな人を探します。

なんでかはーー言わなくても、よさそうですね。
うん、大丈夫そう。

そんな、わけでして。
若干、暴走気味にーーしたためて、みました。

如何だったでしょうか。
これからも、僕はあたふたしていると思いますからーーどうか、その模様も次回以降、お楽しみください。

ユーモアになるように、努力します←
ではでは、今回のブログ記事はこの辺で〜♪
posted by バロック at 17:58 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: