ルーン使いの言の葉

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

2015年04月10日

想定主義

久しぶりに、『日記』以外のカテゴリを更新しましょう。
本日は、ちょっとした自己紹介を。

朱樹音色です。
長所であり短所であるモノは、想定癖です←

……と言うお話を、今から。
あー、平和です。

今現在、割と静かで広い公園で、ブログを更新しているんですけども。
たまには、ポカポカ陽気のこんな環境で執務をすると言うのもーーアリでしょうから。

まぁ、よきかな、と。
ところで、話を戻しますと。

想定主義ってのは、諸刃の剣でして。
広げれば広げるほど、精度が上がるわけですがーー人生がつまらなくなります←

いいことがあっても、悪いことがあっても。
想定済みであれば、感動も何もないと言いますか←

そう言うモノは、想定を超えるモノを垣間見たからこそ生まれるモノですから。
どこまでも想定してしまうとーー楽しめなくなっちゃうんですよね。

想定して、楽しんで。
後は、想定済みのことが日常で再生されるーーと言った、形です。

一見、冷めているような感じに捉えられますね。
実際、僕はそう思うこともありますし←

ですがーーまぁ。
その分、想定外のことが起こった際のインパクトが大きいーーと、言いますか。

これはきっと。
想定癖がないかたには、味わえない感覚だと思うのですよ。

……だからと、勧めるモノでもないんですけども。
僕はこの想定癖、割と武器にしています。

もう、昔からですね。
理不尽にも対応してしまっているのでーー周囲が反吐を吐いてしまうようなことでも、澄ました顔でいたりもしますし。

吃驚されることも、ありますね。
なんでそんなに落ち着いていられるのかーーと。

それは、もう想定済みのことだからです。
あと、僕の頭はーーいったん、嫌な思いをしてしまうと。

ずっと、忘れないですから。
履歴として、定着しちゃうんですよね。

それでーーと、言うのもあります。
その点では、経験主義論者の言わんとすることもーー分かるんですよね。

まぁ、かく言う僕も。
経験主義では、あるんですけども。

ビスマルクはーー賢者は歴史から学び、愚者は経験から学ぶーーなんて、言ってますけども。
歴史を学ぶことで追体験していることを踏まえるのであればーー別に賢者だって、経験から学んでいるとも言えるわけで。

それとも。
ビスマルクの言うモノと言うのはーー戦争の話、なのかもしれないですね。

……いや、そうじゃなかったっけ。
まぁいいや←

そんなわけでして。
若干、冷え込んできましたゆえーー職場近くの本屋さんに、移動しますね♪

では、一旦この辺で〜♪
posted by バロック at 15:48 | Comment(0) | 自己紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: