ルーン使いの言の葉

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

2015年03月30日

えーっと

地元に帰ってきました。
で、お仕事が午後1時よりあったのでーー身支度をして出勤したのですが。

その教え子、別の先生が担当することになっていて。
ブース入力されたシフトを見て、思わずーーなん、だとぅ!?ーーと、呟いてしまった音色ちゃんなのです←

いやぁ、普通来ますって。
マイページに、教え子を担当するように書かれてたらーーと、言うわけでして。

夜行バス帰りの今。
家に帰って寝直すには中途半端な僕はーー駅前の書店に、足を運んでおります。

んー、なんでしょうね。
巡り合わせと言いますか、歯車と言いますかーー噛み合っていない感触、なのです。

このようなことって、よくある事象なんですけども。
顕著に表れたのはーー昨日、でしょうか。

仕事会場でのこと。
守秘義務に則って、詳しくは言えないのですがーーお隣さんが、分からないことを僕に訊いてきまして←

講師に訊けばいいモノをーーとも、思いましたが。
思えば講師も気が回っていない印象でしたゆえーーしゃーないのかな、と。

でもまぁ。
集中してリサーチしているところに、パソコン操作とかを何度も訊かれたときには流石にーー火を噴きそうになりましたが←

講師陣よ、僕にも給与をください。
ーーなんて。

お隣さんが付いていけない間、僕は。
講師陣の話を聴きながら、お隣さんのサポートをしてましたよ……両立できたのが、奇跡でした←

みたいな。
あー、集中したかった。

ーーそれと。
噛み合ってなかったと言えばーーあれも。

懇親会にて。
僕の渾名が【博士】になってたのにはーー逆に、退きました←

なんで人って。
知っていることを2〜3言くらい話しただけで、博識だと思うのでしょうか?←

それ以外を余事象にとれば、大して知ってないことと同義だと……思うのですが。
ここら辺はちょいと、カルチャーショックなのです。

僕より知っている人を、僕は知っていますし。
僕が無知だと言うことはーー僕が一番よく、知っていますし。

んー、ですから。
博士呼ばわりされると、顔から火が出るんですよねん←

全然、全く、ありません。
みたいな。

ーー僕がこの現象を、【カルチャーショック】と言うのは。
上京すれば大抵、こちらが学ぶ側になるゆえーー指導する側(しかも、無賃金)ーーになると、すごい違和感を感じるんです。

違う、そうじゃないって。
刺激が足りないーーって。

交通費だって、タダじゃないわけですから。
刺激が欲しかったのですがーー今回の上京はちょいとーー肩透かし、だったのです。

んー、そうですね。
本来、楽しむべき場でーー浮ついた気分になったのが、まずかったのかなとーーそうは、思っています。

……一応、懇親会で。
ここにMENSA会員のかたはいらっしゃいますか?ーーと、訊いたのですが。

案の定、誰もいませんでした。
僕はどうやら、画一されたIQ集団とはソリが合わないようです←

なんて。
……寝たい←←←

取り敢えず、うん。
片っ端から、書店の本を速読していきますかーーハイ←
posted by バロック at 14:25 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: