ルーン使いの言の葉

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

2015年03月17日

失ってはいけないモノ

失ってはいけないモノって、たくさんあるように思います。
人によって、定義も代物も区々だと思いますがーー敢えて僕がひとつ、挙げるならば。

興味を失くしたら、ダメだと思っています。
何事もーーそうですね。

学問や学術だけではありません。
人に対してをも、それを失ってはいけないと思っています。

ーー【興味】と言う言葉が、しっくりと来ないのであれば。
【情熱】と言う言葉でも、いいでしょう。

僕の場合、興味の対象ーーないしーー情熱を傾けるモノが多いんですよね。
Facebookを更新する際に、興味のあるモノを片っ端から《いいね》していったら。

次から次に、思い浮かんでしまって。
キリがなくて、ちょいと困ってしまったーーと言ったことが、つい最近ありました。

ーー興味を持たないようにするって、僕にとっては至難です。
僕から【好奇心】を抜き取ったら、有機体しか残らないですよ←

んー、まぁそれは置いておいてもいいや。
話の論旨は、そこにないですから←

えっと。
皆さんは、燃え尽き症候群をご存知ですか?

『ルーン使い言の葉』では、何度か登場している用語ですけども。
簡単に言えば、頑張っていたことが終わった際のセンチメンタル感のことです。

ーー僕にも、あったりします。
と言いますか、しょっちゅうです←

今では、回避することは不可能と思っておりますから。
そのための対策として、満期後の予定や目標設定をしたりしますーーで、話を戻すんですけども。

燃え尽き症候群。
これは厄介なモノでーー親御さんであれば、『空の巣症候群』とも言えるモノです。

育てるべき者がなくなった際に、空の巣症候群にならない親は。
それはーー子どもに愛着のない親だったと言うことです。

ゆえに、健康的な親であれば。
空の巣症候群には、陥るモノですがーー今は一例で取り上げただけなので、置いておきます。

今回の、ブログ記事のタイトルは。
『失ってはいけないモノ』です。

これは、興味対象を失ってはいけないーーと言う意味では決して、ありません。
寧ろ、そう誤解しないでいただきたいーーと、叫びたいくらいです。

興味対象は、失ってもいいんです。
僕が主張するモノはーー『興味を持つ心』です。

それを失うと、不感になります。
打っても響かないですし、誰の声も届かなくなります。

そんなのは、死人と変わらないじゃないですか。
百歩譲ってーー仏になるのはーー晩年以降で、いいんじゃないでしょうか。

まだ生きていられるうちであれば、いくらでも興味を持つ心と。
向上心は、抱くべきです。

ーー確かに、安らかに永眠する人は讃えられます。
ですがーー生きている人が死んだような表情をしていたら、向けられる感情は《侮蔑》です。

皆さんにはーーあなたには。
そのように、なってほしくない。

そう、僕は思っていますよ。
こうして『ルーン使いの言の葉』に足を運んでいただけてるのはーー光栄ですもん、僕にとっては。

なんて。
いや、本気で思っているんですけども。

ーー僕も、あなたに引けを取らないくらいに頑張りますよ。
お互いに頑張っていける関係になれたら最高だなーーと思うのは、僕だけでしょうか。

さてと。
僕はもっと、前へ進みますーーやるべきことを、やるだけです。
posted by バロック at 16:24 | Comment(0) | 興味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: