ルーン使いの言の葉

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

2015年03月14日

徳のない投資で得はしない

僕が利己主義者だと言うことは、もうご存知かと思いますが。
タイトルのような座右の銘は、いつも肝に銘じております。

利益の追求は、悪いことではないんですけども。
それは必ず、徳のある行為での利益の追求ではなくてはならないです。

そうでなくては、得することはないです。
なんでなのかはーー簡単なことで。

功利主義の観点に立ったときに。
精神的見返りと、経済的見返りを鑑みてーー釣り合いが採れるかどうかを、考えてみてほしいんです。

徳のない利益は、大抵の場合。
周囲は、よく思っていないです。

自分自身が潤っていても、周囲が不満足で。
短期的にはよくても、長期的に見たときにはーー周囲が敵に、なっています。

さてと。
昨日のブログ記事と重複するんですけども。

周囲が敵になってしまっているときに、誰に味方になっていただきますか?
遠い存在か、どこの誰でもない誰かーーですよね。

それって、リスクの塊ですし。
藁をも縋る思いーーでしょうけども。

徳のない利益を獲っている人がーー果たして、新たな人種を味方に付けられるでしょうか?
答えは、『ノー』です。

結果、徳のない投資をする人は。
得せず、損をし続ける生活を余儀なくされるーーと言う、ことですね。

ーー今回のカテゴリは『お悩みコーナー』ですから。
もしも利益を追求することを望みたいーーと言う相談であれば、僕はこう応えます。

最終的に、理解者が納得する利益を追求しましょう。
そうじゃなければ、全てをなくすことになりますからーーと。

僕は、そう思いますね。
皆さんはーーあなたは、どう考えますか?
posted by バロック at 15:41 | Comment(0) | お悩みコーナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: