ルーン使いの言の葉

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

2015年03月13日

味方論

皆さんにとってーーあなたにとって。
『味方』とは、どのような存在ですか?

それは、近くにいますか?
それともーー遠くに、いますか?

僕がこれからお話することは、ちょっとした思考の過りです。
ゆえに、根拠は僕の経験則となってしまうことを、ご了承ください。

えっと。
近くに味方がいらっしゃるかたは、比較的恵まれている方ですね。

相談にも乗ってくれるでしょうし。
疑心暗鬼に陥った際、きっと助けてくれるでしょうから。

ーー遠くにいるかたは、次に恵まれていると思います。
今は電話やメールで連絡が取れますからーーOKでしょう。

とは言いつつも。
やっぱり災難なのは、味方がいないかたーーでしょうか。

そんなかたは、どこか間違っている可能性があります。
人付き合いだったり、思考の形態が。

もちろん、ソリタリーの性質を持ってらっしゃる方であれば。
その問題も特にないかと思われますがーー今回は論外、と言うことで。

味方が必要な場合。
今回はこのお話を、いたします。

まず、普通の人は。
味方は必ず身近にいると、勘違いしていますね。

親がいれば親が一番の味方だ。
そもそも親はスポンサーなんだーーと、仰る人もいるんですけども。

僕はこの話に、真っ向から対立します。
百歩譲ってもーースポンサーだから味方だとはーー思わないわけです。

それは健康的な親に過ぎません。
不健康な親と言うモノも当然のようにいるわけでーーそんな人が『スポンサー』だとするならば、皆さんはーーあなたは、新しいスポンサーを探すのではないでしょうか?

僕ならば、そうしますよ。
僕の意にそぐわない道連れなんて、ぞっとしないですから。

ゆえに。
身内がイコールで味方だ、と言うような味方にはーー賛成できないわけです。

もちろん、イコールの関係が望ましいことは確かです。
身内が味方であれば、適切な助言や行動指標が見込めます。

もしも味方が近くにいるのだとするならば。
それは十分に立派なことですから、OKだと思っています。

ーーですが。
世の中には、その有毒性ゆえに不幸にする身内と言うモノも、いるんですよ。

何だか信じられないーーそのような違和感を、抱いたことはありますか?
なんか居づらいーーそんな感覚に、陥ったことは?

そんなときには、そのような『ミウチ』を味方につけるよりも。
外の世界の人間にコンタクトを採っていって味方につけたほうがーーいいこともあります。

確かにそれは、リスキーな行動です。
ですがーー身内が味方ではない状況であれば、それは致し方のない行動だとーー言えます。

ーー因みに、僕の場合は。
遠くに味方がいるタイプの人間です。

身内は残念ながら、今のところは味方にはなりません。
なぜなら、彼らはドリームキラーだからです。

もちろん、全ての言動にイエスマンであること即ち味方。
なんて話は、ありません。

適切な助言や行動指標を採ることができる。
ないし、それを促すことのできる人間ーーが、味方です。

ーーとは言っても。
過保護な身内や保守が過ぎる身内は、足を引っ張る傾向にあります。

彼らは、自分達からあなたがいなくなることを。
恐れているのです。

それゆえに、あなたの足を引っ張ります。
やるな、やめろーーと、言ってきます。

そしてその状態で、『自立しろ』とまで要求することもあります。
そんな『ミウチ』はーー相手にしないほうがいいです。

とは言いつつも、縁を切るのはやりすぎです。
現金な話になりますがーー所詮、スポンサーですから。

こちらが行動して、それに見合った成果を出せば。
彼らの目の色は、がらりと変わります。

それで最高のスポンサー足り得る仕事を彼らがするのであれば。
それはそれで、いいんじゃないでしょうか。

ーーそれでも足を引っ張るようであれば。
あなたが考え、場合によっては裁けばいいだけです。

結論を申しますと。
味方は、物理的距離と相関はしません。

あくまで、心理的距離です。
テイクアンドギヴないしギヴアンドテイクーーの関係だからこそ、成立する味方もいます。

最たるモノは。
愛する人、じゃないでしょうか。

互いに好き合っているだけで、これだけ協力してくれる味方はーー健康的な身内以外には、なかなかいません。
大事にすべきです。

僕はーーそう思いますよ。
人間関係を、大事にしていきたいですねーー今回は、以上です♪
posted by バロック at 15:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: