ルーン使いの言の葉

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

2015年03月08日

朱樹音色、東京へ

3/8の夜、ちょいと夜行バスに乗って東京へ行きます。
どうしても出席すべきセミナーと、会うべきかたがいらっしゃるので。

僕が所属しているクラブのセミナーには出席せずに、こう言ったセミナーに出席するのには。
もちろん、理由はあるわけですけどもーー今回は、割愛。

お話することも、できるんですけども。
『ルーン使いの言の葉』に於いては、あまり関係ないかなって思いまして。

ーーただ、そうですね。
東京に滞在している十数時間は、本当に貴重な時間になります。

予定とかではなくて、そうなると運命付けられていて。
そも、宿命であるーーとさえ、言えます。

決まるべくして、決まった日程でした。
僕の東京遠征って、そうやって決まりますからーー他人から言われてどうこうできるモノでは、ないんですよ〜

僕にとって。
東京は、宿命の地です。

24時間ずっと、これだけ年中無休で稼働し続けるトコを僕は。
ーー寡聞にして、知らないです。

日本にいると、殆どの価値ある情報が東京に集中します。
それを生かすも殺すも自由ーーと言った恐怖に戦かない人達が、大勢いることに吃驚してしまうくらいにーー様々なモノが興亡しますね。

確かに、その『情報』は。
経済的なモノが、多いです。

この世はグローバル化していますから。
東京に縛られずに、世界へ進出すると言う手もあるーーのは、一理あります。

とは言いつつも。
それは、地元から出たことのない人が他の都道府県のダウンタウンに行くことくらいに、リスキーですね。

日本である程度、教養や知力を磨いた人間が。
知識を得て、運用する目的で世界へ進出するーーと言うのであれば、オーケーだったりしますけども。

ーー可愛い子には旅をさせよ、ですけども。
これって、不正確に捉えているかたが多い気がします。

親が知っている世界を知ってほしい、と言う目的での旅ではなくて。
自分達が知らないから子どもに知ってきてほしいーーと、旅に出す親がいますね。

よくないと思います。
親ができないことを子どもにやらせるのは、最悪です。

やらせること自体が諸悪の根源なのに、それが親の管轄にないのであれば。
それはーー誰が責任を取るのだろう、と。

ーー話が逸れましたけども。
つまり、僕はきちんと目的意識を持って東京に行ってくるのですよーーと、言うことでした←

僕はこれからも、失敗をして。
地道に成功体験を、築いていくとーーそう、思っています。

邪魔する人はいませんか?
ないし、僕の援助を妨げる人はーーいませんか?

僕はそう言ったモノには、容赦しないですからね♪
……だからなんだ、と言うお話ですが←

んー、そうですね。
起きたら、荷造りしないと。

あー、まず一眠りしてから荷造りして執筆してっと。
明日からまた、忙しくなるなぁーーまぁいいや♪
posted by バロック at 01:32 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: