ルーン使いの言の葉

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

2015年03月07日

無気力症候群

皆さんには、このようなことはありますか?
やるべきことがあるのに、なぜか動けないーーと言ったことが。

……それなら、あるかもしれないですね。
ではーーやりたいことがあるのに、なぜか動けないーーと言うのは、いかがでしょうか。

後者のほうが、経験が少ない方が多いと推察します。
欲求があるにも拘らず動けないーーと言うのは、矛盾ですから。

やりたいのに、できない心理状態。
ないし、相反する感情を抱く状態をーーアンビバレント、なんて言ったりしますけども。

意外と、これって。
よくある気が、するんです。

僕もなんかーー無気力な状態が、続いていたりします。
まぁーー僕の場合は、『疲労困憊』とか『経済的束縛』とかーー原因がないわけではないので、対処しやすいんですけども。

大抵、そんなときは。
猫背になっていたりします。

運動不足になっていたり、浅い呼吸になっていたり。
色んな事象が、身体に表れていたりーーするのですが。

とは言っても、です。
それを改善することは、対症療法であってーー根本の解決になっていないことも、事実。

じゃあ、その根本を解決できるかーーと言われれば。
大抵の方は、『そうじゃない』と答えるのではないでしょうか。

そこで『はい、そうです』って言える人は。
ただ単に怠けていただけ、と言うことになりますし。

そんな急に変えられるモノじゃないからこそ、負の連鎖に陥るのですから。
じゃあ、どうするかーーですけども。

パラドックスめいたことを言います。
まず、背筋を伸ばして、深呼吸をするんです。

それで、心身の痺れがあれば休むべきですし。
特になければ、1つひとつ片付けていくんです。

僕は確かに、猫背や運動不足、そして浅い呼吸を改善することは。
対症療法に過ぎないーーと、言いましたね。

ですが、考えてみましょう。
風邪で高熱を出している人の体力快復を狙うために、熱を冷ます前に『筋トレしなよ』なんて助言するでしょうか?

しないはずです。
何故なら、逆効果だからですーー手順を無視すると。

それは、無気力に陥っているかたにも言えます。
まず、地道な対症療法をすべきです。

それから、根本を何とかするーーと言っても、遅くはないですし。
寧ろ、一番の近道だと思っています。

急がば回れ、ですし。
ゆっくり急げ、です。

ーーそんなわけでして。
僕も頭がオーバーフローして、休息が必要だったりしますがーーそれは別口で、なんとかします。

起きたらカフェインを摂取して、その後は一切摂らないーーと言うのも、手ですから。
僕は最近、それを実行していたりします。

そうすると、夜に寝やすいんです。
まぁーーそんなことも、一種の戦略として持っていてもーーいいと思いますよ。

ーー没頭する時間って、随分と持ってなかったですけども。
その分、そんな時間の貴重さを知った気がします。

小説のプロットを、最近纏め始めました。
じっくりとーー煮詰めて、煮詰めて。

今月中には、応募用原稿にしたいと。
そう、思っています。

ーーさてと。
そんな感じで、マインドセットできたところで。

お仕事の支度をしますね。
皆さん、これからも何卒、お願いいたします♪
posted by バロック at 15:07 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: