ルーン使いの言の葉

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

2015年03月04日

守秘

僕は、他人の守秘義務を司ることはけっこう、あるんですけども。
自分のことで守秘義務を科すことはーー恐らく、初めてです。

とは言いつつも、何れは言いますけども。
それはーー今言う話ではない、と言うことでして。

話す内容って。
時期を間違えたら、笑い話にもならないんです。

もちろん、話す内容によっては。
相手も、考えなければならないーーそれは、鉄則ですね。

企業のトップシークレットの言葉を。
株主にバレたら、マズイように。

ーーそりゃあ、場合によっては。
株式総会で話すべきことも、あるかもですけども。

発案されたばかりのことを、いきなり発言する人は。
正直な話ーー迂闊すぎる気がするのです。

それは、今の僕も同じ立場です。
僕の守秘は、これにかかってます。

ーーそも、個人の秘密とは。
誰得か、と言うお話ですから。

それを出して、笑ってもらうには。
その人がよほど、意外性のある人物かーーお約束の人物じゃないと、いけないと思います。

となれば。
皆さんにーーあなたにこれをお伝えすることは。

少なくとも僕は、得策ではないと踏みました。
とは言いつつもーー恐らく。

僕が生きているうちに、僕自身がネタにするときが来ます。
僕にとって曝露とは、本来はそう言ったモノですし。

僕が手の内を見せたり。
わざわざ、傷口を抉るようなことを言うのはーーそれでも互いに楽しめるからだとも、言えるんです。

僕は、苦しみから解放されて償いの時を迎えられますし。
皆さんはーーあなたはもしかしたら。

僭越ながら僕の体験を反面教師、ないし教訓と捉え。
僕の体験がーー皆さんの、『歴史』となるかもしれないのですから。

ビスマルクの名言って言うのは、こう言うときに言えるんですよねー
彼は彼で、最初に色んな失敗をしたんでしょうーーきっと。

……と、同一化してみる←
さてと、現実逃避乙。

まぁ、あまり心配かけてもしゃーない気がしますゆえ。
ざっくりと言いますと。

公的機関にお世話になりました。
解決するかどうかは、僕の頑張り次第ーーなのです。

実は今月の9日に、某人とお会いするのですが。
そのかたには全て、打ち明ける心づもりでいます。

あのかたは、僕に融通してくださったかたですから。
僕のトップシークレットを訊く、権利がーーあるのです。

そして僕には、言う責務があるわけでして。
嘘偽りなく、お話しますーーまぁ、僕も。

阿呆な失敗をしたモノです。
当事者になると、こうも判断力が鈍るのかーーと、言うことですから。

ただ、幸いなこと。
融資していただいた金額全てを持って行かれずに済んだーーモノですから。

この金額があれば、巻き返せます。
本当にーー感謝です。

ーーと、言うわけでして。
2月からのお話の通りーー3月は、捲土重来を期すこととなります。

やるべきことを、着実に。
できることを、着々と。

さぁ、始めましょう。
まだ闘いは、始まったばかりです。
posted by バロック at 22:27 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: