ルーン使いの言の葉

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

2015年02月24日

行動振動説

人は取っ掛かりが肝要です。
思考し、言葉にし、行動に移すーーその、三本柱で躓くわけにはいかないモノです。

行動が習慣になってしまえば、大抵の軋轢では屈しなくなってきます。
例え攻撃を食らったとしてもーー強固に、柔軟な、意識は、意志にーーなっていきますから。

行動は、性格に直結します。
そして性格はーー運命へと、様変わりするーーと、言えます。

なぜ、断言しないかと言いますと。
始めて10行足らずーー僕はただ単に、マザー=テレサの言質を取ってきたことを喋っただけだからです。

今からお話する内容は、僕が初めて思い付いた内容です。
『学術』のカテゴリに入れるかどうかを迷いましたがーー今のところ、僕の世迷言に変わらないモノを続けるだけですから。

まぁ、『日記』のカテゴリで事足りるだろうと。
そう思った、次第です。

さてと。
行動と言うモノが、なかなかできないかたが多いですね。

引っ込み思案だからとか。
行動に移すメリットを感じないーーなどの理由が、思い付きますが。

前者をーー消極的回避行動ーーとでもするのであれば。
後者はーー積極的回避行動ーーと、言えそうです。

前者に陥る所以は、分からなくもないと言うのが。
僕の正直な、考えです。

後者の場合は、意味が端的に分かりやすいのと。
目的因がハッキリしているので、野暮ったい解説は割愛いたしますーーっと。

前者に陥る所以が分かると、言いました。
それについて、一考しましょう。

そもそも、消極的に回避行動をとる理由とは。
なんだと、思いますか?

僕はすべての人に訊いて調査をしたわけではありませんが。
心底、その行動をとるかたはーー行動をとる際に、ボッキリと折られたことのあるかただと見受けられます。

思考の段階では、なかなか指摘しづらい。
ですが言葉になればーー僕のような情報発信者としての、責務が発生することになる。

そこで、窘める傾向がーー世間では、多いでしょうか。
確かにそれは、悪いことではないように思われます。

そこで矯正しなくては、後々に困ることになるでしょう。
1を1で割ったら何も残らないではないか、と言う考え方ではーー約分は、できなくなってしまうのです。

それは、自然摂理の不理解に直結します。
確かにその点では、教育を受ける権利と言うモノはーー必要です。

権利とは、義務と表裏一体のモノですから。
これらを切り離すことは、控えめに言っても『不可能なことだ』と、言えるでしょう。

とは言いながらも。
矯正をし過ぎるきらいのある世間は、変革されるべきです。

特に、不必要な矯正は。
彼らの個性ーーどころかーー彼らの行動も、抑制してしまうきっかけとなりえます。

皆さんはーーあなたはーーこんなかたを止めますか?
人を殺したい、と言う方を。

……止めないかたは、ほぼいらっしゃらないと思います。
なぜか?

それが、反社会的で。
且つ、某かに損益を加える原因となるからです。

これらは、共通部分でなくてはならないです。
片方が欠けても、仕方がないーーそれを、証明しましょう。

先程、人を殺したいかたーーと言うのを、例に挙げましたが。
それに、こんな理由が付加されればいかがでしょうか?

〜モノローグ〜

そいつは、スイッチが入ると暴力を振るう。
さっきまでの優しかった『その人』は一旦、いなくなる。

言葉で詰りを繰り返し、手を挙げる。
自身の手が痛くなると、足を使う。

壁に叩きつけられて呻く自分に、そいつはこう言う。
お前のせいで身体が痛くなった、お前のせいだ、お前がいるからこうなる、どんな思いでお前を蹴っているか分かるか、お前のせいだ、不孝者がおれの目の前に出てきやがって、穀潰しがーーと。

そいつのことを、頭のおかしな奴だと思いながらも。
放置していたがーーそれをするわけにはいかなくなった。

そいつは、自分の愛する人にも手を挙げていた。
非力なその人へ、罵詈雑言と支離滅裂な歪みを押し付けていた。

もう、我慢ができないと思えた。
そいつを放っておくことを、自分にはできない。

そいつは、自分の人生を奈落の底へ突き落とした。
自分のすべてを、そいつに奪われるその前にーーそいつの息の根を、止めてやる。

改めて問おう。
あなたがそれを止める理由とは、なんだ?

〜モノローグ終了〜

ーー即興で作りましたが、実話からの構成です。
生々しかったかも、しれませんしーー修羅場をご存知の方には、白々しく思えたかもしれません。

こんなモノじゃないとは、思われるでしょう。
しかしながらーー論旨は、そこにはない。

皆さんはーーあなたは。
このモノローグを聞いた後で、人殺を止めることは可能でしょうか?

ーー半分ほどのかたが、断念したように思われます。
この人殺には、信念がありましたね。

とは言いつつ。
諦めない方もーーちらほら。

それでも人を殺すことは、あってはならない。
それが、反対派の強固な意見だと推察しますがーー違いますか?

まぁ、僕が言いたかったことは。
反社会性、そしてな何らかの損益が必要ーーどれも欠けてはならない、と言うことでした。

人殺に抵抗のあった方も。
モノローグを聞いて、人殺者に人格を見出してからーー説得を諦めたかたも、いらっしゃると思うのです。

つまりは、そう言うことです。
消極的回避行動には、そんな裏付けがあるとーー僕は考えます。

消極的回避行動をとる理由はーー行動を抑制する言葉や思考を、司っているからです。
そして、その手を選ぶのにはーーなんらかの原因が、あるわけです。

それは、行動した際の。
周囲の反応ーーなんてのが、一番手っ取り早い理由でしょうし。

もしくは。
命が宿って、母親の胎内にいる頃からーー様々なネガティブな言動を伝わってきたからこそのーー行動抑制とも、言えるでしょう。

そのようなパターンも、残念ながら存在します。
誕生時のその子の人格はーー胎児の時代にーー素養のレベルで、構築されてしまうモノなのです。

スタートラインは、誕生にはありません。
生物学的遺伝レベルでのスタートラインについては考えたくもないことですがーー相性がよく、互いに切磋琢磨し合え、支え合える男女が結ばれることにはーー意味どころか、意義をも感じるのはーー僕だけでは、ない筈です。

まぁ、ザックリとお話したいことは。
こんなモノに、集約されます。

行動とは、振動します。
言葉の統制、思考の統制でーーいとも簡単に。

感情とは、振動します。
自らの境遇、周囲の匙加減でーー残酷なほどに。

そこで僕はーー大学時代に、『感情振動説』なるモノを研究テーマにしようと考えていましたが。
今回は追加でーー『行動振動説』と言うモノも、付加しました。

これを論文にするかどうかは。
僕自身の匙加減や、周囲の巡り合わせで簡単に変わってしまうことをーー僕は、肝に銘じるべきなのでしょうね。

僕はーーこの行動理論に辿り着くまで、随分とかかりました。
消極的回避行動なんてーー以前はよく、採っていたモノです。

そのきっかけはーーなんだと思いますか?
350近くの記事を書いてましたが、そのお話についてはそんなにーーした記憶がないです。

近いうち、そのお話をしましょうか〜
今回は長くなってしまったので、この辺にします♪
posted by バロック at 01:35 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: