ルーン使いの言の葉

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

2015年02月20日

夢中

本日は、本当に夢中になっていました。
日課の『ルーン使いの言の葉』のブログ更新、忘れるトコでした←

家族間のいざこざとか、冷戦とか。
それらが日常になっているとーーいざ夢中になっていると、水を差される気分になるんですよね。

ですから、僕は。
家族に憎しみを覚えるかどうかをーー自分自身が楽しめているかどうかの、バロメーターにしてしまっています。

こんな測り方がおかしいことは、知っているんですけども。
いやーー自虐って本当に、癖になってしまうんですよ←

久々に、こう言います。
皆さんはーーあなたはーー僕みたいに、ならないでください。

さてと。
本日は運良く、非番になったのでーー県立図書館で久々に、勉強しました。

主に、高校数学の解き直しや物理学が主だったんですけども。
ちょっと飽きてきたら、フェルマーの最終定理を、方程式の角度から地道に証明していくーーと言う、謎なことをしていました←

ーー別に、数学って。
答えがなくても、証明済みでもーーできるんですよ。

その人が、理解できるかどうかーーですから。
ゆえに僕はーー何の気なしに、6乗までは証明していったわけなんですけども。

数学科のかたって、自力だと何乗まで証明しちゃうんでしょうね。
ーーいや、きっと根気さえあればいくらでもできるんでしょうけども。

僕は大体、規則性が見えてきてます。
楕円関数の方略以外でもできるんじゃないかーーなんて、思いますけども。

数学者の方々も、最初はそう思うみたいですね←
ですから僕も、同じ道を歩いーーいやいや、じゃなくてっ!

とにかく、ですね。
僕って一応、数学力はあるんですよ〜……と言う、お話でして。

数学って、数式弄りや図形弄りだけに言えないんです。
人の心理構造を見る上でーー数学の素養って、本当に欠かせなくて。

バイアスを取っ払うのも、集中するのもーーどうするにしても。
どう動くかーーと言うところから既に、数学の力が試されていてですね。

リズムをとるにしても。
メロディーやハーモニーの構成にも、数学が必要な気がして。

あと、音楽って。
演奏したり歌ったりーーそれだけじゃないんです。

日常生活に於いて。
感性で、『これやったらアウトだな』とか『これはやらないと』と言うのが分かるにはーー音楽の力が、必要なんです。

その基盤がーーやっぱり、数学なんじゃないかって。
そう、思いますよ。

ーーあぁ、ここでの『数学』は、広義の意味で言っています。
数式弄りや図形弄りだけじゃないーー根本的な、モノです。

それは言及しにくいことなんですけども。
僕の経験上ーーテストで反映される数学力と、広義の数学力は必ずしも一致しないように思います。

どこか、ズレている人がいませんか?
それは愉快ですか? それとも、不愉快?

前者なら恐らく、広義の数学力があるかたです。
後者はーーちょっと、乏しいかもです。

んー……とは言いつつ。
すべての人がそうなるとーー個性が死んでしまう方も多いんだろうなぁーーなんて、思ってみる。

そんなわけで、雑記でした♪
また明日、更新します〜
posted by バロック at 23:36 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: