ルーン使いの言の葉

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

2015年01月30日

ばかのすすめ

久々に、『黒事実』のカテゴリを更新します。
えっと。

まず、最初に。
こんなタイトルではありますがーー僕はちょいと。

アンチテーゼをお話したいなぁって言うのが、正直な感想でして。
ゆえに、決してーー馬鹿になればいいーーなんて、一般論ではないことを先に、お話しておきます。

馬鹿には、なってはいけません。
ありのままの自分自信を見せていたら、自然と欠点が生まれるモノですしーーそこが分からないのであれば、その人の見る目がなかっただけの話なのです。

確かにーー馬鹿に見えたほうが得だと世間では、言われます。
聡明なかたは落とされるしかないし、欠点のあるほうが『あばたもえくぼ』と思われやすい、と。

僕もよく、言われるモノです。
世渡り上手は馬鹿に見えるーーとは。

成程、なのです。
つまりは。

馬鹿に見えることがーー欠点が見えることがーー重要なのであって。
馬鹿になることにはなんの、メリットもないと言うことなのでしょう。

実際の話としまして。
馬鹿に見える人はーー計算していることが、殆どです。

しかしながら、そのような人物は。
あざとさが仇になってーー人生を棒に振るケースも、多いみたいです。

そも、あざとい人間は。
その需要のある人間にしか、恵まれないモノでしょう。

それは、ボタンの掛け違いのようなモノです。
本来であれば真っ当な人間が、馬鹿になろうとするからーーあざとく、態とっぽいんですよね。

じゃあ、どうすればいいか。
僕は、よくこうアドバイスします。

ありのままでいるといい、と。
向上さえするようにすれば、偽りを作らなくても見てくれる人は必ずいるーーと。

ーーと言うと、こんな反論を戴くことになるかもしれません。
化粧だって、偽っているじゃないかと。

僕はそれに対して。
否、そう応えるわけです。

確かに。
化粧は、細工ではあります。

装飾し、素顔を隠す行為ーーとも、言えます。
ゆえに、それはひとつの正論です。

しかしながらーーそれは、解が1つの場合です。
解が複数個ーーないしーー解がない、なんてことは普通に、起こり得ます。

化粧だって、解が複数個あることの典型じゃないでしょうか。
なぜかーー裸かそうじゃないかでは人って人格否定をしないのにーー化粧が云々では、人格否定を平気でしますね。

化粧した顔ーーペルソナも、その人の大事な顔のひとつ。
そう、言えるはずでーーそれさえも偽りと言うのであれば、それはただのカタストロフですね。

まぁ、そんなわけでして。
話を戻しますー……えっと。

馬鹿になる必要ってのはないことはお話しました。
なんでなのかはーー今から言います。

人とは、勝手にレッテルを貼られるモノです。
つまりーー馬鹿にならずとも、勝手に尾鰭が付いてーー欠点は出てくるモノ、なんですよね。

ですから、勝手に『あばたもえくぼ』になっちゃうんです。
馬鹿になる必要ってのは、全くないのですよ←

あと、まるで欠点をいいことのように言ってしまっていますけども。
欠点は欠点ですので、日々改良しなくてはならないです。

……それが面倒なのは、承知の上です。
ですからーーこれから、改良しないことでのデメリットをーーお話します。

まずーー人とは、慣れる生き物です。
同じことをずっとやっていると、慣れます。

そして哀しきかな。
慣れたことは、最初の苦心を忘れます←

『エキスパートパラドックス』なんて言ったりーーしますけども。
それってのは、欠点にも言えるんです。

最初はその人の欠点が面白くても。
慣れてくると、面白く感じなくなっていきます。

そして、こんなことを思います。
なんでこんな馬鹿な奴のことを気にかけていたんだろーーと。

そうなったらもう、忘却の対象と化しますね。
今までいた人達がいなくなるのはーーその人達の薄情さも、もちろんあるでしょうけども。

大体は、自らの怠惰のせいです。
向上を怠ったーー怠慢、なのです。

ですから、やっぱり。
向上しなくてはならないなぁーーって、思うわけでして。

それが素であれば、尚いいですね。
あざとさもなく、偽りもなくーーストレスフリーで、生きていけます。

ですから皆さん。
そのままでいてください。

完璧になろうとしても、結局ボロが出ます。
馬鹿になろうとしたら、あざとくなります。

ゆえにーー自然体がいいのです。
自然体がつらい人は、その風貌を『しぜんたい』と思い込んでいるだけに過ぎません。

大丈夫です、偽らなくても。
いい意味で、馬鹿になりましょう。

正直者が馬鹿を見る、なんて言いますけども。
こんな末法思想に於いてーー嘘を吹聴して何になるのか、と言うお話ですから。

そのままでいいと思います。
須く、見る目のある人がいますから。

……偽ったり、馬鹿になろうとしたりすると。
そんなきちんとした目で見てくれる人を、傷付けてしまうことになるんです。

彼らを失望させることになります。
そして、離れていきます。

そして。
最終的に周囲には、偽りで固めた人間ばかりが残ってーー孤立、するんですよね。

やっぱりありのままは大事です。
相手を騙す時にはーーそれさえも自分自身なのだと認めるくらいにーー騙し切らないと。

そんなことを、少し思ったモノでしたから。
ちょいと、深夜にブログを更新いたしました。

またネタが過ったら、更新しますね。
ではでは皆さん……おやすみです♪
posted by バロック at 03:07 | Comment(0) | 黒事実 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: