ルーン使いの言の葉

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

2015年01月23日

嘘、過ち

よく、思うことがありますね。
ドイツの文豪と呼ばれる方々とは、友達になれそうだったと。

例えば、ゲーテ。
彼は『嘘』と『過ち』を明確に区別しているんですけども。

自分の過ちはみな、気付くのに。
自分の嘘には誰も気付かないーーってことを、言ってます。

僕なんかは、その通りなんだよなぁって思うわけです。
間違えたことにはみんな気付くのに、何で僕の嘘には気付けないのかなーーなんて思うことは、しばしばあります。

ーー元来、僕は嘘をつけないタイプでは、あるんですけども。
敢えてホラを拭くことは、結構あります。


そのときはそうでも、近い未来に本物になると言う見込みのあるモノには。
一応、嘘をついたりはしますね。

他にはーー他人に悪意を向けることって、僕には滅多にないことなんですけども。
そんなときには、破滅的な嘘をついたりしますね。

しかも、それを相手は信じ込んでしまうんですよ。
……なんで、でしょうね。

他には。
ゲーテ以外にも、気の合う人がいまして。

ヘッセとか。
お会いしてみたかったですね、彼とは。

中学の国語の教科書に載っていた純文学の作品で唯一、彼の作品だけは読めました。
なんでなのかは、未だに分からないです。

他にはーーハイネ。
彼についてはーーこの世には詩人と言う者がたくさんいますけども。

僕の知っている中では、彼は。
ダントツの、尊敬対象だったりします。

表現が大袈裟でもなく、かと言って抽象的でもなく。
読み手の心を捉える作風はーーやっぱり、すごいなって思います。

彼とは、友達になってみたかったです。
時代が違ったので、会えないですけども←

……まぁ、そんなわけで。
日本にもきっといる筈ーーとー、思いながらの更新でした。

いや、話の合うかたとはたくさん、お話できていると思います。
やっぱり、インターネットって強力な媒体ですよね。

ただーーまぁ、全てを打ち解けてと言うかたとは。
なかなか、出会えないですねぇ〜……やっぱり。

因みに、大学の恩人曰く。
僕と話ができる人間は自分を含めて、日本には10人いたらいいほうだろうーーと、言われています←

あと、地元には自分を数えなければ絶対にいないと。
断言、されていたりします。

……まぁ、実際そうだなとは、思っていて。
アウェー感が拭えない場面の方が、多いですもん僕って(苦笑)←

んー……少なくとも、地元にいるときは。
早く独立できるよう努めます、ハイ←

まぁ、そんなわけでして。
今回のブログ記事は、この辺で〜♪
posted by バロック at 21:24 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: