ルーン使いの言の葉

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

2015年01月20日

承りました

上司から、大きな仕事を任されました。
どんな内容かはーー守秘義務に則って、大きくは言えないんですけども。

個別指導していた子に対して、家庭教師に行くと言うモノです。
……え、大したことなさそうですか?

ーーそれが、ですね。
非常に、ハードなんですよ。

まず、授業時間ですね。
週2で1コマ、3時間です。

ーーと言うのは、僕の中では大したことないうちのひとつーーです。
もっと言うと、かなりの制約を設けての授業になります。

あの子なりに、色々と悩んだ結果。
今の状態となっているわけでーー僕自身にも、そんな時期があったわけで。

あの子は、勉強ができないわけではありません。
にも拘らずーー世間では、『勉強できれば楽になる』なんて言葉が流布されています。

そんなのは、ただの幻想です。
神話ですよ、そう言うのって。

社会に適合できるか否かで、人の人生が決まってきますよね。
その上で、どうやって生きるかが決まってくるんじゃないでしょうか。

そこの区別が、世間はできていないように思います。
だからこの世は『取り敢えず進学』なんてやってしまうんじゃないでしょうか。

進学したところで、目的意識がなければ見失ってしまいます。
せっかくの学力も、能力もーーその匙加減で簡単に、狂ってしまいます。

だからこそ、僕自身は。
大人子供関係なくーー見境のない人間を、否定します。

羅針盤は、常備しないと。
そんなことを、やっぱり思いますね。

まぁーーそんなわけでして。
ちょっとだけ、真面目な話をいたしました。

あの子はーー僕と同じ轍を踏ませるわけには、いかないので。
全力で、サポートします。
posted by バロック at 22:50 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: