ルーン使いの言の葉

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

2014年12月17日

騙り部

僕のTwitterでは、思い付きをそのまま言葉にすることが多いですけども。
なんか、『ルーン使いの言の葉』でも話題にしやすいモノだと言うことに気付きましたからーーちょいと、書きますねー

皆さんは、騙されないコツをご存知ですか?
パラドックスのような答えなんですけどもーー騙され続けていれば、いいんです。

その主体を、【誰か】にするか。
【自分】にするかの、違いですね。

因みに僕は、自分自身を騙し続けることが結構ありますし。
誰かを騙し続けることなんかも、大いにあります。

そもそも、人って。
と言いますか、生き物ってーー騙し騙されつ、だと思いますよー

それで命を落とすこともあれば。
逆に、救われることもあるわけでして。

よく、騙されている人を救う話がありますね。
10代の頃には、騙すような存在を許せなかったんですけどもーー最近はそれもアリかなぁって、思っています。

とは言いつつ、条件付きですけども。
騙し続けるのであれば、オーケー……と、言う←

先程も申した通り。
生きていく上で、何も騙さずに生きるーーなんてことは、人であれ猿であれ蛇であれ魚であれ樹であれなんであれーーできませんからね、絶対に。

嘘は方便、なんて言いますけども。
この言葉は、非常に不正確ですよね。

吐き続ける嘘は、方便です。
その場凌ぎのどうしようもない嘘は、百害あって一利なしな猛毒です。

依存性は少ないですけども。
中毒性は、軽く桁外れなモノですよーこれって。

そもそも、吐き続けられない嘘であるならば。
最初から、そんなことをするべきではないんですーー互いに不幸になって、それおしまいですから。

つまり、何が言いたいかと言いますと。
騙し続けられない生き物は、生きていけないってことですね。

主体がなんであれ、です。
自己暗示だってプラシーボ効果だって、騙し続けるからこそ意味がありますし。

で、話がやっと戻るんですけども。
そうやって騙され続けている間に、救いの手を差し伸べようとしてくる(僕みたいな)お節介が、いるじゃないですか←

ハッキリ言ってしまうと。
騙され続けている人間にとっては、そんなお節介こそが敵ですよね。

騙り部よりも。
お節介のほうが、命を削ります。

目が覚めれば、確かにお節介を感謝することがあるかもしれませんね。
ですから、ただ単にお節介を批判しているわけではーーないです。

とは言っても。
無差別にそれをやってしまうと、ただの自殺行為ですよね。

もしかしたら、騙され続けている側は。
とっくに手遅れかもしれませんし。

それに付き合っても、互いに地獄に堕ちるだけですよね。
あと……騙され続けた人はまた、騙される道を選ぶことが残念ながら、多いんです←

そのとき、今度はあなたが騙し続けないといけないです。
途中で拒否をしたらーーあなたはヒーローではなくーーその人にとっては、邪魔者でしかなくなるでしょう。

前回のブログ記事でも、言及したように思うんですけども。
本当にーー選別って、大事です。

皆さんは、いかがでしょうか。
無差別な人道行為が却って、不幸しか生まないーーと言うことが今回のブログ記事でお話できたので、ちょっと一安心です。

やっぱり、今回も同じことを言うしか、なさそうです。
皆さんは、僕の真似をしないでください♪←
posted by バロック at 00:34 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: