ルーン使いの言の葉

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

2014年11月22日

お気に入りの出版社さん

どれだけ久々か忘れてしまったくらいには、久しぶりの更新となりますね。
『本』のカテゴリ更新って。

そもそも、僕が『ルーン使いの言の葉』を始めたうちは。
ずぅっと、本の話ばっかりするモノかと、思っていたモノなのですが。

ここ最近は、哲学的な話から不平や不満ばかり、お話してしまっていましたね。
ちょいと、初心に返る必要がありそうですね――と言うわけでして。

今回は、『本』のカテゴリでの更新なのです。
と言いますか、お気に入りの出版社さんのお話、ですけども。

随分と、好きな出版社さんってありまして。
文庫本なんかだと、専ら。

角川社さん、講談社さん、新潮社さん……辺りでしょうか。
少なくとも、小説を読む際には――ここが、多いですね。

――あぁ、岩波文庫や文春文庫などももちろん、読みますけども。
敢えて飛ばしました(と言いますか、言っていたらキリがないですし。敬称略、なのです)。

さてと。
他には、筑摩社さんも結構好きだったりします。

教養を深めたい人間で、しかも文庫本が好きなかたは是非とも。
ちくま文庫、ないしちくま学術文庫に手を出すべきだと、思っています。

僕の好きじゃない言葉では、ありますけども。
教養人を謳っておきながら、その文庫本を読んだことがないかたは――人生、損してます。

……なんて。
やっぱり、好きじゃない言葉は使うべきではないですねぇ……本題に入れないや。

えっと。
文庫本に限らないのであれば、もっとお話したい出版社さんがあるのですが。

例えば、中経出版さん。
最近、KADOKAWAに取って代わっているので、内心では「マジで!?」と驚いているのですが。

まぁ、本の内容は悪くないですから、いいんですけども。
KADOKAWAさんって、面白いくらいに暴走しますね←

……なんて、思いもしますけども。
学参のイラストレーターさんが竹岡美穂先生でいるうちは、許します←

……美穂姉は、僕の中では別格ですもん。
僕がご本を世に送り出す際には、是非とも挿絵の依頼をしたいくらいでして。

とは言いましても。
それって恐らく、僕には権限がないんでしょうけども(苦笑)。

なーんて。
話を戻しますね。

今回、お話したい出版社さんは。
フォレスト出版さん、です。

いつぞや、JAPAN MENSA前会長の著書を手にする機会がありまして。
あの本は、素晴らしかったです。

それが、フォレスト出版さんのモノで。
そして昨日、手に取ったら衝動的に読みたくなった本をレジに持っていって読了してみたら――ちょいと、吃驚しちゃいまして。

『1分間速読法』と言うご本なんですけども。
これも、フォレスト出版さんじゃないですか……と、読了してから気付きまして。

これには、驚きを隠せなかったです。
昨日の教え子が、定理として誰も発表していないことに気付いて正解を導いたくらいには、驚きました。

……教え子のことについて、一応言及しておくと。
あの子の場合、MENSAを受検してもいいんじゃないか――ってくらいに、IQが高いように思っています。

あと、笑うべきところで笑えたり。
コミカルに話を振ってきたり、逆に相手の心を敏感に読み取る力も見て取れるので。

EQのスコアも、相当高いだろうと思っています。
……あぁ、贔屓目に見ても見なくても、あの子は非常に頭がいいです。

なんで、頭のいい子って得てして、境遇に不条理が働いているんでしょうね。
そんなことを、思わずにはいられない――ってトコで、話を戻しますね。

さてと。
フォレスト出版から出ている、書物についてなのですが。

1冊目に、面白い本に出会ったので。
もしかしたら次の本も、そうかもしれない――なんて思ったトコで手にしたご本が、やっぱり面白い本だったので。

これは、何か。
波長の一致、そんなモノを感じますね。

『1分間読書法』も、読んでみたら随分と懐かしい思いに駆られました。
こんな読み方をそう言えば、小さい頃はよくやっていました。

僕もちょいと、ワンミニッツリーダーを目指してみようと思います。
もちろん、小説じゃない分野で。

……小説でこの理論は、あんまり当て嵌められないです。
と言いますか、無理と言いますか。

複数の登場人物や伏線を消化しようとしたら完全に、この読書法はアウトですし。
……詳しくは、書店にて←

なんて。
それにしても。

フォレスト出版さんには、先を行っているイメージが付きまといますね。
実際には、原点回帰に近いんですけども――魁って、実は原初に戻ることなのかも、ですね。

思えば、万物の根源を求めようとして。
様々な文明が、栄えたことですし。

……んー、根源を追求するあまり。
色んな副産物が生まれると言うのは――エントロピーの概念から言っても、あり得そうですけども。

どうなんでしょうね。
ただ分かることは――そこが分かってしまえば、僕は情報発信する意義がなくなってしまう、と言うことでしょうか。

それを知るために、意味を理解しようとするのでしょうし。
あぁ――意義と意味の区別って、これか。

……ん?
すみません、本日はそろそろ横にならないといけないんでした(苦笑)。

今回のブログ記事は、この辺で〜
ではでは。
posted by バロック at 00:24 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: