ルーン使いの言の葉

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

2014年10月18日

検定マニア、再び

今年度に入ってから、めっきり資格試験や検定試験を受験(受検)しなくなっていたんですけども。
最近、経済状況がやっと上に向いてきたので――気になっていた検定を、受検することにしましたー

語彙・読解力検定ってのがあるんですよね。
2級を、受検しようと思います。

……本当は準1級を受けたかったんですけども。
ちょいと及び腰になって、やめました♪←

プレテストだと、1級相当の語彙と読解力があると出てきたんですけども。
あれは恐らく、贔屓目で出している結果だと思いますので――堅実なモノを受検することに。

因みに、2級以上の保有者だと。
朝日新聞社の採用云々で優遇されるとか何とか――と言うお話のようですが。

新聞社に勤めようなんて、僕が思っているわけもなく。
ただ単に、そんな株の高い検定だから受検してみる――と言う、理由だったりします。

それに、履歴書に書くときに『昔取った杵柄』を羅列するってのも、あんまりですし。
学力や学ぶ姿勢に関しては現役ですよ、と言うことが言いたくて。

それで受検する、と言うのが本音ですね。
まぁ、受検当日は合格しに行ってきます←

あと、ですね。
歴史能力検定については、考え中だったりします。

世界史検定2級を受けるか、3級を受けるかを検討中でして。
僕、3級は合格できる自信があるんですけども。

2級は、微妙なんですよね。
合格できる可能性は十分にあるんですけども、手を伸ばしにくいですねー

と言うわけでして。
3級を合格してくるか、2級を受検してくるかをちょいと、考えていますー

んー、そうだなぁ。
一応、センター世界史は全ヵ年一通り、解いてはいるんですけども。

だからこそ、3級は合格できると言う自信については、ここから来ているわけなんですけども。
んー、ちょいと迷います。

……あぁ、歴史能力検定に拘る理由ですか?
それはですねぇ……

僕、塾講師をやる際に。
世界史と倫理の指導については、自信があります――なんて言った気がするんですけども。

そのお仕事が、一度も回ってきてなくてですね←
数学のお仕事ばっかりやっている現状が、どうしても抜けなくてですねぇ……

僕に世界史と倫理を担当させないと言うのは。
完全に、宝の持ち腐れもいいトコですので。

安心して教え子が受講できるようにするには、どうすればいいかなぁ。
そんなことを思っていたら――受検しようか――そう、思えたわけでして。

――まぁ、僕の職場の子は何故か。
理系が多くて、物理に需要が殺到している――なんてのも、僕の出る幕がない大きな理由かも、ですけども。

別に僕、物理も教えられますけどね。
畑違いでは、あるので。

……あ、そうそう。
これは話が逸れるんですけども。

僕の職場に、自称検定マニアがいるんですけども。
持っている検定の量と質を訊いてみたら、大したことがなくて吹いたことがあります。

んー……そのとき、態と鯖を読んだんでしょうかねぇ。
それは検定マニアとは言わないよー……とは、思ったんですけども。

まぁ、そうですねぇ。
検定って殆ど、自己満足のようなところがありますし。

優遇されるとか何とかって話も、“そこでは”って話ですから。
んー……僕みたいに目的があって検定を受検する人のほうが、実のところ少ないのかも、ですね。

そんなことを思いながら。
取り敢えず、本日も頑張りますか。
posted by バロック at 16:50 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: