ルーン使いの言の葉

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

2014年10月08日

ほぅ、いいじゃないか

……とうとう、『本』のカテゴリで更新するに相応しいテーマが、seesaaから……クスクス。
いいでしょう、オススメの本や漫画をお話しましょう♪

取り敢えずですねぇ……
皆さんは活字が好きですか?

――恐らく、大半のかたは嫌いじゃないのだろうなぁって思います。
取り敢えず、『ルーン使いの言の葉』をブックマークに登録してくださっているかたがたは、そうでしょう。

……だって、このブログって活字でできていますし。
ひたすら僕の持論がベラベラと続きますし←自覚アリ

ですから。
まぁ、安心してご本を紹介できるんですけども。

皆さんは、入江君人、と言う作家をご存知でしょうか。
僕とは細く長く、交流しているかたなんですけども。

……と言ってしまうと、ものすごく語弊があってですね。
あのかたには若気の至りでメッセージを送ってしまって、さらに友達申請もしてしまったら――許していただけた、と言うのが適当かなぁって。

ですから僕は、今でも彼のことを。
入江先生、と呼んでいるわけですが。

このかたの書く物語は、非常にオススメです。
読んでいてワクワクしますよ。

先月に出た新刊なんかは、中でも一番オススメしたい作品です。
敢えてタイトルは、申しませんけども←

ファンタジー好き、恋愛好き、何より物語が大好きだと言う方には、是非ともオススメしたい。
そんな、物語です。

――これ以上は、彼の嫌悪するネタバレと化しますので。
そろそろこの件については伏せまして。

別のお話を。
今のところ、並行して読んでいる作品がありまして。

ホラー小説では、綾辻行人先生の作品を。
詩集は、ゲーテの作品を。

学参は、橋爪健作先生の化学を。
あと、漆原晃先生の物理を。

綾辻行人先生の作品はあと少しで読み終わりますので。
11日に地元を発つ際には、別の作品を持っていこうと思っていますー

そうだなぁ。
あんまり向こうには滞在しない上に忙しいので、持っていくのは――少しだけ厚めの、文庫本でしょうか。

あとですね。
これはたまに目を通す程度なんですが――オススメの資料集を、挙げようかなぁと。

『ニューステージ 世界史詳覧』ってモノなんですけども。
これを眺めていて世界各国に思いを馳せないかたはちょいと、どうかしているなぁ……ってくらい、詳しくて読みやすい資料集です。

これは、世界史や地理を履修する、ないし独学でやると言う方には強く、オススメしますね。
それくらい、素晴らしい資料集です。

あぁ、そうそう。
画集もお伝えしないと。

“文学少女”の画集、僕は今でも読み返します。
竹岡美穂先生が挿絵を担当されているんですけども。

――ここだけのお話。
僕、竹岡美穂先生にファンレターを書くときにはあのかたを『美穂姉』と呼んでいたりします。

何故か、自然と。
当初、あのかたは面食らったと思いますが(苦笑)。

まぁ、『ルーン使いの言の葉』を更新している僕がドン引きしない行動を取るわけがないじゃないですか(どやっ
……自慢にもならないですね、ハイorz

あと、画集と言えば。
武内祟先生の画集も素晴らしいですね。

やっぱり、あのかたはすごいなぁって思います。
描き方が凝っているわけじゃないのに、繊細な美を見出せるんです。

あとは、これは立ち読みして終わっちゃったんですけども。
遠田志帆先生の画集も、素晴らしいです。

こちらは、引き込まれますね。
ずっと眺めていると、魂が吸い取られていく錯覚に陥ります。

……とか。
あとですね。

漫画についてなんですけども。
これはタイトルをお伝えしようと思います。

『氷室の天地』は面白いです。
笑い転げます、あれは。

あとは、『一週間フレンズ。』も書かないわけにはいきません。
あのお話、僕は大好きですね。

『空の境界』も、原作がお好きな方にはオススメですね。
と言いますか、原作を知らない方にもオススメです←

――とは言いましても。
コミック、あまり読まなくなりましたね……読みたい作品はたくさんあるんですけども。

実用書とかが最近、多くなってきました。
あとは、理工系の新書とか。

竹内薫先生のご本も、面白いですよー
――科学者やそれに携わる院生とかには、いちゃもんを付けられるみたいですけども。

主義主張が、それぞれ異なるので。
それはしゃーないんじゃないだろうか、とは思いますが。

いやぁ、だって。
読み物として面白くするのに、専門用語や理論を詳しく説明してしまえば台無しになるモノだって、結構ありますから。

そこを、科学者のかたはよく分かっていないらしく。
別に――竹内先生が無知だからそんな書き味ってことでは、ないんですけどねぇ……

なんて、思ったり。
あとは、T山S比古先生のご本でしょうか。

よく読みますね。
あのかた、只者じゃないです←当たり前

他には……あぁ、これは。
大学生ないし院生をやっているかたにオススメしたいんですけども。

東京大学出版会の、心理学関連の書物。
みんな、オススメです。

僕は一通り、読みました。
読み物としても、最上級だと思っていますよ〜僕は。

……どこかの教科書と違って、誤植もないですし。
……筈←

と、言う感じです。
皆さんは、どのようなご本がオススメですか?

今週のブログテーマ】今回のテーマ:【「読書の秋!オススメの本や漫画を教えてください!」】
posted by バロック at 17:53 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: