ルーン使いの言の葉

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

2014年09月16日

出身どこですか?

僕はことある毎に、色んな質問を受けるんですけども。
ここ最近は、『出身どこですか?』と訊かれることが多いですね。

ここで明言するのは恐らく初めてでしょうが、一応申しておきますと。
僕は秋田生まれの秋田育ちだったりします。

……意外、ですか?
僕はその質問を戴いて答える際、皆さんに驚かれるのですが←

え、秋田なんですか?
訛りも全然ないですし、垢抜けていますよね――ってのが、大抵のお返事だったりするのですが。

……まぁ、秋田生まれの秋田育ちって言っても。
僕、秋田に対してそんなに愛着がなかったりしてですね←

んー、それだとちょいと語弊があるんですけども。
秋田は僕が生まれ育ったトコ――って認識は、きちんとあるんですよ。

ただ、愛着があるかどうかと訊かれれば。
いや、そんなに――が、答えだったりします。

何度でも言いますが、秋田が嫌いなわけではないです。
――嫌いな部分は露呈しまくっていますけども、基本的に嫌いじゃないです。

そりゃあ、教養学で学士号を戴いている僕にとってみれば。
秋田に住んでいる人間があまりにも、知的刺激に乏しいことは、確かですけども。

楽しくなければ、意味がないですからねぇ。
どの業界も、そうだと思いますけども。

で、話は戻るんですけども。
出身は、秋田です。

住むにはちょっと、退屈です。
採りたい検定や国家資格があっても、地元でやらないようなモノが多くて辟易しますし←

食べ物は、美味しいですけども。
それも何か、井の中の蛙大海を知らず――な空気が、結構します(苦笑)。

まぁ、そのあとに続く言葉で。
されど誰よりも空の青さを知る――でしたっけ?

それは一応、ありますけども。
それも何か、色褪せてはくるでしょうし。

比較物がなければ、あの故事成語は成立しないわけでして。
秋田だけではなくて、生まれも育ちも地元ってかたには是非とも、他の都道府県ないし他国に行くことを勧めたいなぁって。

そうでもしなければ、人間として成長できないですし。
もっと言えば、地元の価値でさえも、ぼやけたままで終わってしまいますから。

僕は今年に入って、東京へは4回くらい行ってきてはいますけども。
確かに、東京は片田舎出身の僕にとっては素晴らしいトコですし。

大きな本屋さんがたくさんあったり、出向いてて飽きないトコが多かったり――しますが。
そうですねぇ、敢えて欠点を申し上げるなら。

お金を出さないと時間を潰せないトコが多いですよね。
あと、繁華街では嫌なにおいがしますよね。

――みたいな。
まぁ、どこでもいいトコ悪いトコがあるでしょうから、これ以上は言わないでおきますけども。

そりゃあ、東京は嫌いではないですよ。
好きですね、僕自身は。

ただまぁ、だからと言っても。
東京に住んでみたいか――と訊かれれば、首を横に振りますね。

……こんなことを言ってしまうとイヤミっぽいですけども。
僕って舌がすごく肥えているんですよ。

と言いますか、五感がもともと鋭いですので。
結構、刺激の強すぎるトコはあんまり得意じゃなくて――で。

舌が肥えた状態で、東京に住んでしまうと。
……なんか、食費がバカにならない気がしまして(苦笑)。

ただでさえ、地価とかも高いですのに。
んー……経済環境に於いては貧乏性なのに、心理環境に於いてはリッチですからねぇ←

どうしたものやら、と。
さてと、そろそろ纏めますか。

僕が秋田県人っぽくないのと、どこの出身かがよく分からないのは恐らく。
僕が外向的な上に好奇心の塊だからでしょう、きっと。

根無し草なタイプと言いますか。
居場所が欲しいわりには、ずっと居座ることがニガテ――みたいな。

支配されたくはないし、表現が侵されるなんて許せないですし。
日本に永住するつもりもないですし、世界中を見聞したいと言う野望も潰えていませんし。

もっと、物事を知りたいですし。
もっと、人と言う生き物を知りたいですし。

そのためにできることなら、いくらでもしたいなぁって、思っているんですよね。
だから僕は――出身はどこかと、訊かれてしまうんだと思います。

だって、僕の本性は。
根無し草、ですもん。

――とまぁ、そんなわけでして。
これからも頑張りますか、自由を手にするために。
posted by バロック at 12:51 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: