ルーン使いの言の葉

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

2014年09月15日

取り敢えず

僕は基本的に、疲れたことを表明しないようにしてはいるんですけども。
本日は非常に疲れました←

敬老の日、でしたね。
僕ももう若くはないのだから、誰か敬ってくれ――なんて、殆ど冗談で思ったりもしますが←

あと、祖父母ならびに母親は。
僕の葬儀の際には、自分達はもういないって話していましたが。

普通に考えたら、そうなんですけども。
生き死に関しては、年功序列が鉄則ですから。

とは言いますモノの。
何故か僕には例外が起こるんじゃないだろうか、なんて思っている自分自身がいまして。

生きることに執着はしていますから、多分ここ数年は生きていられる気がするんですけども。
んー……本当に、祖父母があの世に逝くまでに僕って生きていられるんだろうかって、結構思っていたり。

僕、生きるのに必死すぎるんでしょうか。
いつ死に際が来ても、「しゃーないなぁ」って納得しそうな気がするんですけども(苦笑)。

確かに僕は、レジグナチオンや則天去私の境地に何度も達している(気がする)のですが。
それにしても、早すぎはしないかとは思うわけで。

僕、まだ24歳ですから。
ショーペンハウエルの概念から言えば、今現在に於いて48歳以降については存在していないようなモノなんですけども。

んー……いや。
確かに僕は、還暦を迎えた自分自身を想像できないですけども。

それでもやっぱり。
あの世に逝くそのときは、かなり明確にイメージできますね。

それはやっぱり。
人の生き死にに、年齢が関係ないことの証拠、なのでしょうか。

なんて。
話を戻しますねー

どこまで話を戻すかと言いますと。
本日は非常に疲れましたってトコまでです(つまり最初からです)←

さてと。
僕って、あんまり太陽光線に浴びないほうがいいんですよ。

そりゃあ、適度には浴びた方がいいんですけども。
あんまり浴びていると、メラトニンが分泌されまくって余計に疲れやすくなってしまって←

あと、最近の日光ってキツいですよね。
本を読んでいて影が『さぁ』ってさすと、文字が緑色に見えますし(苦笑)。

僕がただ単に、脂溶性ビタミン不足なだけかもですけども。
卵、食べないと←

……んー、まぁあれですわ。
取り敢えず、ちょいと仮眠したら。

また、執務を再開しますー
んー……あぁ、小説を書こうっと。
posted by バロック at 16:41 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: