ルーン使いの言の葉

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

2014年09月10日

整理整頓

今回は何だか、『日記』のカテゴリよりも『メモ帳』のカテゴリのほうがいい気がしたので。
それでちょいと、更新しようかと。

まず、メフィスト賞用の原稿。
プロットがかちっと固定されました。

構成は、問題編、解答編、解説編の三部作で行きます。
それぞれ、中編で構成。

予定では、問題編は原稿用紙換算枚数で約、200枚。
解答編は、原稿用紙換算枚数で約、250枚。
解説編は、原稿用紙換算枚数で約、100枚です。

テーマは、色々と盛り込んではいますけども。
一番やりたかったことは、問題提起とそれによる解答例、さらには解説でしたので。

とは言いましても、僕の文体ってこの通りですので。
全く堅苦しくなく、サクサク読める小説にはなるんですけども。

……んー、解答編にちょいと紙面を割く理由は。
大事だから、と言うのもあるんですけども。

問題編だけを読んでしまうと、ひどいバッドエンドなんですよね。
僕のレシピに拘わることですので、なんでそんな構成にしたかはまだ、言えないんですけども。

できれば解答編で、どんでん返しをして。
……主に、心理的な部分で。

そして解説編で、「じゃあ何でそんなどんでん返しが可能だったのか?」と言う種明かしをする形を採りたいなぁって。
そんなプロットが実は――昨日、塾講師のお仕事をしているときにできました←

それまでは、どうやろうと思っていたかと言いますと。
最初の中編で、物語を一旦終えて次にまた中編をやって、それが終わったら総括の物語を――と、めちゃくちゃなつぎはぎをしようとしていたんですよね←

ですが、昨日に色々と考えていたら。
もちろん、授業のことで、ですけども。

僕の教え子って、将来が不安に思いながらも懸命にやっている子ばかりなんです。
この子達が望みを達成するには、そしてそれをサポートするには……なんてことを考えていたら。

小説の構成が、急に化学反応を起こしまして(苦笑)。
あぁ、そうかって。

それで今のプロットに行き着きまして。
これで行こう、と。

まぁ、そちらはここにメモったからいいとして。
本日やるべきことでも、メモりますか。

まず、病院に行かなきゃならないです。
メンテナンスに行かないといけないですし、あと本日は採血もありますし。

あと、銀行振込も。
あの業者さんは16日締め、あっちは20日締めっと。

他には、仕入れようとしているモノ。
あれは、できれば本日中に。

メモメモっと。
さて、本日も頑張りますか。
posted by バロック at 11:50 | Comment(0) | メモ帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: