ルーン使いの言の葉

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

2014年08月23日

旅に出ようよ

えーっと。
今回の日記では、かなりの妄想が飛び出まくるので。

感化注意ですー
と言いますか、食中り注意ですー

と言うわけでして。
じゃあ、妄想しますか。

昔から、古今東西を旅したいと言う欲求は、ありまして。
日本各国でももちろん差し支えないですし、世界に焦点を当てれば大抵、西欧〜東欧を見聞したいとは思っていたわけでして。

もっと言えば。
世界史の舞台であれば、どこでも回りたいわけですが。

今現在は、難しいですけども。
中東だって、行ってみたい地域の1つですから。

最近は、アラビア語にだって惹かれているんです。
理由はただ単純に、数理学の原点がその地域だったんだから、その言葉を知るのは有益――なんて偏見があるからなんですけども←

あと、もっと言うならば。
僕は仏法哲学にかなり思想が向いているので、正直に言えばあらゆる宗教とは思想が相容れなかったりするんですけども。

そんな思想もあるよねー
そんな思考もあるよねー

……って見聞する分には、まったく問題なかったりしてですね。
つまり、思想に対してはかなり、柔軟だと言う自負があってですね……えっと。

まぁ、意識の低い連中は嫌いですけども。
確固たる自我を保ちながらも、信仰心を忘れない人間の強さを僕は、知ってますので。

……まぁ、無闇に洗礼とかを勧めてくる某宗教の勧誘の仕方については、如何なモノかと思いますけども。
それは本当に、アガペーでしょうか……と。

だって、左の頬を打たれたら右の頬をも向けなさい、ですよね?
いくら自らの属している世界が素晴らしいモノと知っていても、それは向こうから『救ってほしい』と言ってきたときに勧誘すればいいんじゃないかなぁって思うわけで。

それなら、イエスの教え通りですよね。
んー……僕は、そんなことを思いますけどね。

まぁ、僕は旧約聖書と新約聖書を読破してもう、随分経ちますから。
しかもクリスチャンでもない僕があーだこーだ言うのもそれは、おかしな話ですから。

これは、置いておきましょう。
神学者に任せます、その解釈は。

さてと。
旅に出たいです←

安宿を巡る旅を、欧州で14日間やったら、どれくらいお金がかかるんですかねぇ……?
目標は、これで4カ国回ることですけども。

んー……滞在費よりも、交通費がバカにならない気がしてきましたね。
もう、ピンポイントで1つの国に長く滞在するのもアリですけども。

予定としては。
来年の3月辺りですけども。

それまでに、50万円は貯めないと。
恐らく、往復で燃油サーチャージャーとかも含めれば、それくらいは吹っ飛ぶでしょうから。

滞在は……んー、最悪の場合。
15万円分のユーロ通貨を持っていれば大丈夫でしょうけども。

……ん?
3月の欧州って、絶対寒いよなぁ(苦笑)。

スペイン辺りで、やっと温かいくらいじゃないかなぁ。
ドイツより北になってしまうと、もう極寒ですな(笑)。

んー……となれば。
快適な長旅となれば、行く場所は限られてくるわけですけども。

例えば、イタリアとか。
そこなら、シチリア島へ足を運びながらヴェネツィアの方までぐるりと回っても、寒くはないでしょうし。

あと、僕の知的好奇心を満たすモノ……そして。
美味しいモノが、たぁくさんありますし♪(じゅるりっ

ナポリに行ったらピッツァ。
ボローニャに行ったらボロネーゼ……あぁ、ラザニアも外せない。

シチリア島に行ったらペスカトーレ。
……あーイタリア行きたいっ!←←←

あと、歴史的価値の高いモノが、イタリアには目白押しですし。
それを喋ってしまうとキリがないですので、自粛しますけども←

ただ、カタコンベとラヴェンナには絶対に行きたいですね。
あー……うぅ。

だから僕は。
スマホかタブレットは、それまでに揃えて。

パスポートを発行して。
……お金を貯めて。

んー、僕って個人事業主扱いですからねぇ。
そろそろ、税務署に行かないと。

ネットビジネスの方は、必要経費で殆ど儲けてなかったんですけども。
塾講師と家庭教師のお仕事を始めちゃいましたから、結構月収は上がっちゃったんですよね。

と言うわけで、納税の義務は大体、意識し始めている今日この頃でして。
さて、いつ税務署に行こうかなぁ……早めがいいな、9月の初めには行こうっと。

と言うわけでして。
もっと妄想を膨らませたいですが――今回はこの辺で〜

取り敢えず。
イタリア語も始めようかぁ……ドイツ語とフランス語は独学でやっているけど、イタリア語はノーマークだったもんなぁ(苦笑)。
posted by バロック at 13:08 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: