ルーン使いの言の葉

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

2014年07月17日

IQ闘争

僕自身のIQの数値を知りたくなった理由は、色んなことが複合した結果、生じたんですけども。
一番の理由は――『世間』との話のズレを、よく感じていたから――でした。

一般的に、IQの数値が20以上離れると、コミュニケーションに支障が出ると言われていて。
そんでもって、僕はエゴイストな上にナルシシストだったので――じゃあ、僕のほうが20以上IQが高いんだ――なんて、自惚れていたわけで。

そんな、軽い気持ちで。
IQを、測ったんですよね。

――まさか。
IQ165なんて、僕自身が叩き出すとは思ってなかったわけで。

もっと言ってしまえば。
僕と正常なコミュニケーションができる人間が、そんなに少ないなんて――と、思ってしまって。

IQ148以上で、全人口の上位2%のIQって言われていますから。
――裏を返せば、日本人なら単純計算で、200万人以上のかたとは意思疎通ができるってことですが。

じゃあ、残りの日本人の1億2800万人くらいは――って考えると。
本当に、恐ろしくて。

あまりにも恐かったので、別のIQテストで測定したんです。
スコアが下がりますように――そう、思いながら。

そうしたら、その測定値も。
165、だったんです。

何だかもう、頭が痛くなりました。
僕が普通じゃないことはとうの昔に知ってましたが――異常ではないと、常日頃から暗示をかけてきたんです。

ですが――もしかしたら。
僕は普通じゃないことを受け入れるだけではなくて――殆どの人間とは話が噛み合わないんだ――と言うことも、覚悟しなくてはならないのかも、しれなくて。

それが、本当に恐いんです。
そんな僕に残された希望は――EQの測定結果、そしてHQの測定結果でした。

どちらも、スコアは140。
そして日本人の平均スコアは、90〜100程度。

……この指標は、IQと違って。
心の柔軟性や人との接し方に直結する、スコアですので。

EQとHQが、140だったと言うことは。
IQのスコアを知って愕然としていた僕にとっては、完全な救い、でした。

僕はどうやら。
人との意思疎通の能力については、一日の長があるみたいです。

――とは言いましても。
知りたいことと知りたくないことって、表裏一体なんだなぁと、実感した今日この頃、なのです。

もしも皆さんが、ご自身の“色んな”知能指数を測りたいときには。
心構えができているか、周囲にサポートできる人間がいるか――それを確かめてから、測ってみてください。

それをしないで結果を知ると――ものすごく後悔しますから。
経験論者として、お伝えしておいて――今回のブログ記事を、締めようと思いますー
posted by バロック at 11:15 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: