ルーン使いの言の葉

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

2014年07月10日

ちょーみりょー

ここ最近、顕著に思うんですけども。
素材としては、ちょいと味が濃すぎるんですよね。

寧ろ、塩とか醤油みたいな性質がありまして。
さしすせその中では、『し』と『せ』に近い部分がありまして。

他の調味料は、匙加減を大幅にミスらなければ何とかなりますけども。
塩と醤油は――みたいな。

配分や使い道は、誤ってはいけませんね。
素材に主体性があるのであれば――尚更。

……ところで今、料理の話をしているのかーって言うと、そうじゃないんですよね。
僕自身の話をしているのです←

僕は素材としては、味が濃すぎるんです。
しかも、配分を間違えば食せないこと必至な、そんな人格の持ち主ですので。

そんな僕ができることと言えば。
心身を削って、相手方の貴重なリソースを引き立てること、ないし引き出すことなのかもしれない――そんなことを、ここ最近は思うんです。

そのためなら、僕は鍛錬を怠るべきではありませんし。
日々の努力も、忘れるべきではないわけで。

相手に合わせた、匙加減にするには。
相手を最高の素材へと変えるには――やっぱり僕自身が、選び抜かれた調味料になるしかないわけで。

……え、僕が素材に、ですか?
んー……漢方薬になら、或いは←

そう言えば、漢方薬には。
化石の骨なんかも、あるみたいで。

考古学者なら真っ青になってしまう漢方薬ですけども。
まぁ――高いでしょうね(苦笑)。

あと、漢方薬にはトリカブトなんかもあるんですけども。
あれって、昔はてんかんの治療に使われていたとか。

今現在は、アルカロイド系の毒を抜きまくって――漢方薬にしているみたいですけども。
何の効果があったんだっけなぁ……あぁ、ど忘れしました←

で、話を戻しますけども。
僕が素材になるってのは、あんまり機会がないかもしれないです。

文筆業や研究を志す僕としましては。
作品やデータに命を吹き込むことはあっても――僕自身が某かどうこうするってのは、あまりないような。

あぁ、でもですね。
クイズやバラエティーで、文化人枠で出演したいなぁって思うことは、結構ありますけども←

……まぁ、戯言ですか。
んー……割と本気で、思っているんですけどねぇ〜

……あ、何でこんな、「僕は調味料になるべきだ」なんてお話をしているかと言いますと。
何でしょうねぇ……それはやっぱり。

まぁ、24年弱も生きていれば。
――無駄に生きていなければ、そんな帰結に達するのもしゃーないのかなぁって。

日頃から、人格形成について考えているんですけども。
もちろん、自分のことも含めて。

もしかしたら相手は、もう2度と会えないかもしれない。
もしかしたら自分は、明日は生きていないかもしれない。

そんな、普通なら考えないことも念頭に置かないと。
人生って、簡単に狂いますから。

――その境地に23歳の終わりで達するのは、早すぎるでしょうか――?
んー、ですがそればっかしはもう、手遅れと言いますか(苦笑)←

もう、気付いてしまったモノはしゃーないので。
僕はもう、後戻りはできないんだろうなぁ――何が何でも責任を取る必要ができたんだなぁ――なんて、思っていたり。

まだまだ、僕は至らない部分が多いですけども。
これからも頑張っていかないとって、そう思っています。

……さてと。
実は本日の地元、結構な冷夏なんですけども。

気候の変動が激しくて、ちょいとビックリしていますが。
まぁ……風邪引かないように、しないとですねぇ……ってなわけで。

自動車教習に行ってきますー
本日はー縦列駐車ー♪
posted by バロック at 12:54 | Comment(0) | 黒事実 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: