ルーン使いの言の葉

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

2014年07月08日

宗教勧誘を受けた件←

えーっと。
日常を謳歌していれば、何かとネタには困らないモノでして。

日頃から特に何も起こらないとしても。
やっぱり、その過程を書くことについては、可能であったり。

自分にとって、それはつまらないモノかもしれませんが。
他の人にとっては、かなり重きを置けるモノかもしれませんね。

と、言うわけでして。
昨日、自動車教習に向かう道すがら、宗教の勧誘を受けた音色ちゃんなのです♪←

お日様のように、にっこりとしたおばさまがたが挨拶をしてきまして。
それに、僕は律儀に「こんにちは〜」と返したわけなんですけども。

何か、同時にチラシを3枚戴きまして。
それが――新興宗教の紹介でして。

ありがたく、頂戴いたしました。
自動車教習の休み時間用にいつも携帯している文庫本を置いてきていたので――ちょうどよかったのです。

あと、僕自身。
新興宗教だろうが昔からある宗教だろうが、他人に迷惑をかけなければ区別できるタイプですので。

誰かを攫ったり、劇薬を撒いたり、挙げ句の果てに殺したり。
そんなことをしなければ、僕自身はその集団を否定する――ようなことは、しないわけでして。

これは、僕の宗教観なんですけども。
他の宗派の人達に迷惑をかけず、自分達が勝手に救われるんだったらじゃあ、それでいいんじゃない?……って考え方です。

まぁ、人格と宗教を混同する人間がいるからこそ。
せっかくの善い教えが、カルト(俗に言う悪い宗教。ハマらせた上に人格を破壊する宗教)と化すんだと――僕は思いますけどねぇ〜

そんなモノがあるんだぁ。
僕は入るつもりはないけども、どうかあなたが救われますように。

――そんな、考え方だったり。
あのチラシを配っていたおばさまがたも、僕と接点を持ってしまったわけですから――是非、そこで救われてほしいなぁって思うわけで。

あぁ、もしかしたら。
救われてしまっている可能性も、捨てきれないですけどね←

……あ、その新興宗教については、チラシを見てみるとかなりのツッコミどころがあったのですが。
チラシ配りをしていたおばさまがたの尊厳を考えると――それは野暮かなぁと思うので――ここでは、やめておきます(苦笑)。

あぁ、でも。
これだけは、言っておきましょうか。

本当に、心理学って。
どの分野にも応用が利くんだなぁ――って、痛感するチラシでしたよ、本当に。

それに、信仰が加味されるからこそ。
奇跡って、起こるのかもしれないですね……って。

それだけです。
その新興宗教のお話は、この辺にしまして。

そうそう、自動車教習のお話をしましょうか。
4日ぶりの技能教習だったんですけども――最初の時限の教官にものすごく扱き下ろされて――自尊心を傷付けられたまま、次の時限に入ったんですけども。

その、次の時限の教官が、僕の最初の時限を担当した教官について、すごい怒りを表していました(汗)。
教官として、人間として許せない――と。

……えっと。
2コマ目の教官とは以前から案外、ラポールが形成されていたりしたんですけども。

怒ると本当に恐い人なんだなぁって、かなり思いました。
――と言いますか、僕とラポールを形成しやすいかたって皆さん、怒ると恐いんですけども←

と言うわけでして。
馬の合う教官とは、車庫入れの練習をしまして。

だいぶ解れた頃に、「そう言えば、卒効受けていかない?担当おれだし」と言われてですね。
断る理由も特になかったので、手続きをして受検することに。

――色々と悩まされる問題が多かったですけども。
何とか、合格と相成りましたー

これであとは、技能教習を全て終われば卒検ですねぇ〜
んー……長かったなぁ。

僕はオートマではあるんですけども。
……学科はOKでも、技能では結構――キツい部分がありましたからねぇ。

運転って難しいなぁって、よく思います。
不測の事態を予測する以上、慣れてはいけないですし。

んー、まぁ。
これからも、頑張りますか。

あ、そうそう。
これはかなりのオマケ情報なんですけども――もし、クレジットカード発行とか口座開設とか、会員登録をするときがあれば。

そのまま登録フォームに進む前に。
自己アフィリエイト用のサイトに無料登録をして、セルフバックの項目に自分が申し込もうと思っているモノがないかどうかを探すことを、オススメしますよ〜♪

僕、今後のアルバイトにあたって、即座に作った口座があったんですけども。
冷静になってセルフバックの項目を見ていたら……見つけて、しまって。

その、セルフバックがあれば。
普通に、どこかでお昼ご飯を食べられました(苦笑)。

皆さんは、そうならないでいただきたいですねぇ……
まぁ――脱線でした。

ではでは。
今回のブログ記事は、この辺で〜♪
posted by バロック at 13:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: