ルーン使いの言の葉

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

2014年06月17日

最も熱狂的にハマった本について

よく、『青春時代』と言う言葉を聞きますけども。
基本的に厨二な僕にとっては、今現在も青春時代真っ只中な気分だったり。

それに、一般的に言う『青春時代』って、思春期の頃を言うと思うんですけども。
僕が思春期だった頃って全然爽やかじゃない……どころかドロドロだったりするので、ほぼ黒歴史だったり←

いやぁ。
誰が高校1年生を3回やった挙げ句に中退しますか(苦笑)。

今でもこの経歴は異色だなぁとは思うんですけども。
高卒認定を採って放送大学に入学して、あちこちを往復することが多くなってから――あぁ、別に大したことじゃないかなって、思える自分を発見したり。

まぁ、前置きが長くなりましたけども。
そんな僕の青春時代は置いておいて。

いつだったか、僕が最も影響を受けた小説に、『半分の月がのぼる空』を挙げたと思うんですけども。
もしもその問いが、「熱狂的にハマった原点とも言える本は?」なんてモノに変わると、話が変わってしまったり。

皆さんは、『“文学少女”シリーズ』をご存知ですか?
否、覚えてますか?←

野村美月先生の書いた作品で、竹岡美穂先生が絵を担当された、あの作品。
僕はあの作品には、熱狂的にハマりましたよ。

当時、20に満たない僕の習慣は。
読了しては、竹岡先生にEメールで感想を送ることでした。

――思えば、野村先生にもファンレターを送ったことが、あった筈ですね。
本当に、『“文学少女”シリーズ』には……もう、何と言うか。

本、と言うジャンルで。
初めて『萌え』と言うモノを経験した作品と言っても、過言ではないです。

きゅんとする、体験。
懐かしい感覚だなぁと思いながら、ドキドキしながらページを繰りました。

……んー、あの作品で一番好きだった人物を挙げよと言われれば。
真っ先に、「琴吹ななせ」と、答えそうですね。

琴吹さんについては、多くは語れないんですけども。
――いや、語れるんですけども、本当に長くなってしまうので(苦笑)。

多分、ですね。
『本』と言うジャンルで、初めて愛おしくなった人物――だと、思っています。

基本的に、あの作品は。
どの人物で追っても、作品全体を俯瞰して読んでも、楽しめる良作なんですけども。

琴吹さんに注目して追っていると、本当に。
ほろ苦くて、ですね。

あぁ、また読みたいなぁ……
本の内容は、頭に入っているんだけども……やっぱり、また読んで追体験したいです。

と言うわけで。
琴吹さん推しってことで、よろです←←←

因みに、琴吹さんの声は、水樹奈々さんが担当していたり。
何とまぁ……そのキャスティングが決まったとき、思わず「うわぁ……!」って声を漏らした覚えがありますー

如何にも、と言う感じで。
と言うわけでして、ドラマCDもオススメです←

……あ、でもですね。
ドラマCDは何故か、『“文学少女”と繋がれた愚者』までしか出てないんですよねぇ……んー、制作費が追い付かなかったかしら、みたいな。

あと、映画は見られずじまいだったり。
だって、地元でやらなかったんですもん……むぅ。

さて、と。
ふと、思ったんですけども。

皆さんは、画集がお好きですか?
特に、繊細で透明感のある画集が。

もしそうであるならば。
『“文学少女”の追想画廊』を、勧めずにはいられないです。

正直に言えば、本編を読んでからのほうがいい部類の画集なんですけども。
本当に――竹岡先生の絵には、惹かれます。

僕がひいきにしている学参に、中経出版のモノがあるんですけども。
その表紙の絵を竹岡先生が担当されていることを知ったときの、僕のテンションの高さは半端じゃなかったです←

あのかたには、一入の感慨がありますので。
本当に――いちファンとして、ものすごく嬉しくて。

あ、そうそう。
僕が好きな絵師さんを敢えて4名挙げると、こうなります。

竹岡美穂先生。
武内祟先生。
三日月かける先生。
茨乃先生。

……と。
因みに、武内先生の画集も、たまに読みますよ(あ、でも限定愛蔵版ではないんですよねぇ……残念無念)。

茨乃先生の画集も、あれば手に入れて読みたいですねぇ。
あと、三日月先生の画集も――出版していいくらい描いていると思うのですが――確か、出てませんでしたね。

出版されれば、即決で購入すると思うんですけども。
まぁ――気長に待ちますか。

……と言う感じで。
何か纏まりのない文章になってしまいましたが――今回のブログ記事は、この辺で〜♪
posted by バロック at 12:45 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: