ルーン使いの言の葉

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

2014年06月13日

7本目の自己紹介

最近、日記でのカテゴリばっかり更新していましたから、今回は別のカテゴリを更新しようかなぁって、思いまして。
昨日から小説の執筆を始めたからか、今回のブログ記事のノリは、ある程度――よさそうですね、うむ。

さてと。
『自己紹介』のカテゴリで、なんですけども。

もう、今までに書いたブログ記事の数が、今回ので54本目になるので。
自己紹介も何も――なんて思われるかたも、いらっしゃるかと思いますけども。

大丈夫です、ご安心ください。
僕も同じことを思っています←

それにも拘わらず、こうやってこのカテゴリでブログ記事を書いているわけですから。
まず、今回のことで言えることは。

僕自身は、かなりの物好きだと言うこと……でしょうか。
興味関心のないことを見つける方が難しいくらいですからねぇ、僕。

あと、何かペンネームのせいか、作風のせいか。
朱樹音色女性説――が、たまに出回ることがありますが――んー、いや、えっと……

一応、釘を刺すように言いますけども。
僕の性別は一応、男性……なのです。

とは言うモノの。
僕の大学生時代の恩人からは、「君は半分男で半分女だな」とは、言われているんですけどねっ!

あー、もう。
確かに僕、女性趣味だとはよく、言われます。

小さい頃、姉とそのご友人に交じって飯事をしたりもしましたし。
よく、着せ替えられて女装させられましたし。

好きな本の話になって色々と羅列してみたら、みんな女性ウケしている本でしたし。
あと――まぁ、品のない口調を滅多にしないですし。

いつだったかのブログ記事でも書いた気がするんですけども。
僕は生まれる性別を間違えたかもしれない――なんて思うことも、よくありますねぇ。

それについてたくさん言及してしまうと、両親を苛めることになるのでやめますが(苦笑)←
某たけしさんは、「30過ぎても親を許せないヤツは馬鹿だ」って言ってましたっけ――うぅ、僕はなんか、そうなりそうです(汗)。

身内に対して、あぁしゃーないなぁ……って思えない厳格さは、確かに今の僕には邪魔かもしれませんけども。
どうしても、接点の多い人間には厳しくしちゃうんですよねぇ……飴と鞭は、使いこなしますけども←

皆さんは、僕みたいにならないでくださいね……?
寿命が縮まります。

……え、僕はですか?
いや、この生き方にはきちんと目的があるので――まだ、楽ですよー

僕は確かに、女性趣味だったりしますし。
人差し指よりも薬指のほうが長かったりもしますけども。

幸いかな。
それとも禍かな。

人一倍、負けず嫌いで。
誰よりも野心家だと言う――自負はあります。

そこは、どこか男性的かもしれませんね。
まぁ、その男性的な部分はどうしてか、内向的な部分だけなんですけども。

あー、そうそう。
男性っぽくないなぁって思うのは、顔を洗うときにも思ったりしますー

あまり出掛けない日が続くと、髭を剃るのも億劫でそのままにすることがあるんですけども。
そろそろ剃ろうかなぁと思って、顔を洗って鏡を見てみると――んー……

髭、そんなに生えていないんですよね。
疎らに伸びきっているだけで(ハリネズミみたいなイメージ)。

それを思うと。
あー、剃らなくていいや――って思うことも、なくはないです(苦笑)。

某竹ノ内さんみたいな髭って、どうやったら生えるんでしょうねぇ?
多分僕、男性ホルモン自体がそんなに分泌されてないんじゃなかろうか……と、若干変な仮説を立てていたり。

んー……
まぁ、男性らしさに憧れてませんから、いいんですけども。

……とまぁ、色々と脱線しながらも。
何か、今回のブログ記事が終わろうとしていますが←

あー、僕はこれからブランチをしてから。
執筆に、取りかかりますー

……何故か、文体の運びが西尾維新先生に近くなっちゃっているんですけども。
あー……影響されているのかな。

とにかくまず最後まで書いてみるか。
調律はそのあとにしようっと。
posted by バロック at 12:36 | Comment(0) | 自己紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: