ルーン使いの言の葉

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

2020年05月22日

枕石の話

枕の置く方角を。
たまに変えるのですが。

結局、北枕って。
いいのか悪いのか、と。

僕の場合には。
窓から差し込む日光が。

どちらの目に当たり続けるか。
と言うので、枕の位置を変えるので。

今まで足を置いていた場所に枕を。
また目が疲れてきたり飽きてきたら、元に戻し、と。

繰り返しているのですが。
実際、北を向くことも何度かありますねぇそう言えば。

あんまり、眠り易いとか眠り難いとかは。
なかったような。

いつも通り、晴れているときには覚醒し易くなりますし。
外が薄暗ければ、眠り続け易くなるってことで。

実際、風水上いいとか悪いとかなんですよね。
んー……風水、ねぇ。

建築家から見ると、どうなんでしょうあれ。
素人が、なんとか鹿のひとつ覚えでなんとかできる代物じゃないような気がしないでもなくてですね←

なんて、書いてみる。
ハウツーものじゃない気がするモノですから、あれって。

本来、占いについてもそうだったと思うのですが。
今や、納得するかしないかですもんね、当たるか当たらないかなんて。

昔ほど、文明が発達していなければ。
あれも、神の啓示とでも取れたでしょうがうぁ何をする永く眠る予定はまだわーやmr
posted by バロック at 20:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ただ電波を飛ばす話

とある風景を。
ぼんやりと宙を眺めているときに、脳内を掠めて。

それっていつ観た風景なんだろうと。
思って、記憶を辿ってみると。

3日前の記憶であることが多いんですよね。
ずっと昔のことや、数秒前のことのほうが珍しいかも。

ただ、その風景がどうしても。
日常を謳歌している最中ではまず成立しないことだったりすると。

今度は、印象に残った夢を思い出すことにしています。
すると──あぁ、と。

3日前に観た夢だったわ、と確信しかけ。
一応、確認のために。

ダメ押しとして、心持ちスッキリするか否かで。
それとなく、答え合わせをして。

やっぱりしっくりくるなぁと思えた辺りで、その答え自体が間違っているかどうかについても。
じっくり、他のパターンがないかを吟味して──間違いないと、納得できたところで。

その思考を終了させると。
これ、すごく気持ちいいんですよ。

この感覚を味わってしまうと。
もっと、強く深い感覚を味わいたくなって。

もっともっと追求していって──こんな快楽主義者ができ上がると。
ぜひ、お試しあれ()

……。
………………何を書きたかったんだ今日←←←


posted by バロック at 19:57 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月21日

 についての話

先日のブログ記事のタイトル。
個人的にボツなんですよねぇ、あれ。

スマホのプレビューだったら成立するのですが。
パソコンからのプレビューだと、不成立っぽいですし。

まぁ、でも。
そこは脳内補完でなんとかなるんじゃないか、とは思いますけどね。

そこは無ではなく。
空、でもないのです。

……と、ヒントを書いたところで。
本題に入りましょうか。

1年ほど前に。
コミュニケーションを取ることを強調する風潮がどうにも解せないと。

思ったことがあります。
馬なんとかのひとつ覚えみたいに、コミュニケーションコミュニケーションってうるさいなぁと←

まるで、言葉がなければコミュニケーションが成立しないかのような。
動作がないモノをコミュニケーションと認めないと言わんばかりに主張している人を見ていると。

音楽ってのはのべつ幕なしの有音だけで成立するんだ、と声高に主張しているようで。
なんだかなぁ、却って間抜けだなぁと思ってしまうのですよ。

伝えないことや、言わないこと。
寧ろ、会わないことでさえも。

コミュニケーションの一環であり。
あちらからもこちらからも情報と言うのは伝達されると言うのに。

態々野暮なことを話すと言うことは。
無ではなく有を優と主張していると言うことだろうか、なんて。

そう、考えてしまうのでした。
本当に野暮ったい、言わなくても分かるわと←

なぜ、そっとしておかないのだろうと。
それもコミュニケーションのひとつですよと、なんで言えないんだろうと。

そのときの僕は、かなり。
モヤモヤとしていたんですよねぇ──そうそう。

僕のこの、言葉にしたことについても。
別に、読まなくても分かる人がいるように。

そう、それはまるで。
有無で測るでもなく に意味を見出すが如く。
posted by バロック at 20:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする