ルーン使いの言の葉

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

2019年12月22日

「こちらこそよろしく」と言う予定についての話

仕事納めの日が。
近付いてまいりました。

今年、最後の。
現職で行う仕事が。

もうすぐ、終わります。
さて、と。

「来年もよろしく」と。
そのとき言われるに決まっているのですが。

涼しい顔で、嘯きますかね。
『こちらこそよろしく』と。

そして、来年にも。
「今年もよろしく」と言われるでしょうが。

やっぱり、こう言いましょう。
『こちらこそよろしく』と。
posted by バロック at 20:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月21日

至言についての話

無駄な時間と言うのは存在しない、と。
某国際的な野球選手が言っていましたが。

僕にはそれが。
至言とは思えなくて、仕方がないのですよ。

だってそれは、能動的に動く人の台詞であって。
受動的に動く人の台詞としては、不適切だと思うからです。

ぐうたらしていても。
『これは無駄じゃない』と言い。

仕事中に雑談していても。
『これは無駄じゃない』と言う。

もちろん、適度に怠けることにも効用があり。
余裕のあったほうが作業能率が上がるなんて、もはや自明でしかないのですが。

だからと言って。
現状に甘んじただ流されるが如く漂流している人に当て嵌めたくは、ないのでした。

僕はそう言う人については。
知覚していて、不快ですしおすし←

……やはり、普遍ではないモノを。
至言とは思いたくないのでしょうね。

ただし、これは。
僕の主観に依ることであって。

その人達にとっては、明確な用途があっての。
時間の有効活用、なのかも──と、すれば。

彼らにとっても当て嵌まることゆえ。
至言としてもいいと言うことに……嗚呼。

そんなのは、理解できなくてもいいや。
うん、もういいや──よし、寝る準備をします←
タグ:至言
posted by バロック at 20:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月20日

同輩の話

幼馴染みに祝ってもらえるようです。
嬉しい限りです。

──まぁ、僕から『転職成功』と伝えていたので。
そうなることは、寧ろ僕の中では自明だったのですが←

奢ってもらおうと思うわけではなく。
雰囲気を楽しもうと思うわけなので。

隅に置けない仲だからこそ。
できる話もあるよなぁと思いまして。

……思えば。
他の友人なら絶交されかねないことをやらかしたことがあるのですが。

よく、されなかったなぁと思うのです。
逆に僕がされたら……付き合い方を考えるくらいは、していましたね。

度量が大きいと言いますか。
なので、やはり──手放してはならないのだろうなぁと。

『真の友は決して手放してはならない』とは。
ニーチェの言葉でしたっけ。

とか言いつつ。
他の人も同じようなこと言ってそうですがね←←←

……。
………………焼肉楽しみだなー
posted by バロック at 20:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする