ルーン使いの言の葉

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

2019年12月28日

万歳する話

7ヶ月ほど前に経験した。
ゴールデンウィークで、10連休を経験したのですが。

あのとき、少し。
長いなぁと実際のところ、思っていたんですよね。

働いた分、給料として支給される雇用形態なので。
この、余力のある状態と言うのは。

もったいないんだよなぁ、なんて。
かなり贅沢なことを当時、考えていたわけですが。

慣れと言うのは、恐ろしいモノでして。
9連休に突入した途端、僕がどうなったかと言いますと。

万歳三唱をしたくなるほどに。
欣喜雀躍してしまったのでした。

自由だぁっ!……と。
僕も堕落してしまったモノです(トオイメ)←

……あぁそう言えば。
裁判で万歳三唱をしていた殺人犯がいましたっけ。

こう言った救いようのない阿呆のために。
新たな偏見が生まれると考えると。

刑罰と言うのも。
あっさりしすぎているよなぁと思うのですよ。

酌量の余地がある場合と。
そうではない場合で、なんとか場合分けできないモノだろうかと。

ただ、それを決めるのは。
第三者ではなく、あくまで司法であろうとも思うので。

今回、言いたい放題になるのはこの辺にしまして。
静かに、観察していようと──やはりひよって──のほほんと、思うのでした←
posted by バロック at 20:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月27日

善悪について思う話

善悪とは何かを。
最近、よく考えます。

あと、善と悪の中間に。
中立とか、中庸、と言うのがあると思うのですが。

では、中立や中庸と言うのは。
善や悪とは言えないのだろうか、とも思いますし。

これは、右翼と左翼があったとして。
真ん中、と言うのがないのと同様に。

中立や中庸と言うモノも。
周囲から見れば善だったり、悪だったりするんじゃないだろうかと。

そもそも。
善悪とは、なんぞやと。

僕の考えでは。
自身の正義に合うモノを善と呼び、反するモノを悪と呼ぶ。

と、言うモノなのですが。
とするならば、善悪の基準となる僕の正義と言うのは。

中立若しくは中庸と言うことになり。
周囲を観測した際、合う人と合わない人が現れることと同様に。

自身が中立若しくは中庸であろうと。
周囲から観たら、善か悪かと言った観測結果は変わるのだろうなと。

そう、思うのでした。
と、なると。

僕のような利己主義者は。
次のような結論に達するわけです。

僕を善いとする人であり。
且つ僕が善いとする人とだけ付き合えばよいわ、と←

なので、僕はこうも思うのです。
そうじゃない人ないし集団とは付き合ってられるか、とも←

ただ、彼らに対して無関心であり続けることさえしなければ。
別に、僕の思惑とは無関係に無慈悲にこの世界は廻るのであるから。

好きなように、生きていいじゃないかと。
そのように、思うのでした。

それが、僕の正義であり。
普遍であるとは、ここに明記しておきます。

……さて、と。
間違っても悪に凶刃を振りかざすことのなきよう──くわばらくわばら←
posted by バロック at 20:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月26日

シャリのみの話

特にネタがないので。
少し、苦しいですね。

まぁ、なくても。
なんとでもなると言うのが、本音なのですが。

要するに、やる気があるか否かの問題ですね。
これだけじゃどうしようもない作品を執筆するわけではあるまいし。

ネタがないってだけでは。
記事を書かない理由には、ならないのですよ。

……まぁ、苦しいのは確かですが。
頑張れ、僕。

なんて、書いているうちに。
あら不思議、簡易更新したときくらいには長くなりましたよ。

ぐっじょぶ、僕。
気が乗ったのでもうちょい書きますか←

……と、言う風に。
一先ずやってみる、と言うことが。

何事に於いても、大事なんですね。
『為せばなる、為さねばならぬ、何事も』でしたっけ。

上杉鷹山も、よく言ったモノです。
その後、『ならぬは人の、為さぬなりけり』って続くのはいただけないですが←

以前の僕であれば。
賞賛していたんだろうなぁと思うのですが。

努力ではどうしようもないことも多いので。
正確には──運にも能力にも環境にも恵まれているのにできないのは、やらないからだ──くらいのモノだと思うのです。

できないことはできないと。
思うことも、別に構わないと最近は思うのです。

まぁ、それと同時に。
できることをできると思うことも、できることをできないと思うことも。

そして。
できないことをできると思うことも、自由なんですけどね。

と、考えると。
やればできる、なんて考えられたほうが得だよなぁとも思うので。

退散することも必要で、それができるのであれば。
上杉鷹山の名言も、活きるのかなぁと思うのでした。

……え、僕にはできるときもあればできないときもありますよ。
人間だもの(チーン)←
posted by バロック at 20:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする