ルーン使いの言の葉

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

2019年11月12日

かみかおにか

神出鬼没になるには何をすることが必要でしょう?
……え、唐突?

いつものことじゃないですか。
気にしない気にしない、あはは←

と、言うことで。
神出鬼没になるには何をすることが必要でしょう?←

突然、現れればいいのでしょうか。
では『突然』を、どう定義しますか?

これは、主観として『突然』でしょうか。
それとも──客観として、でしょうか。

もちろん、完全な客観とは不可能に近く。
実際には間主観と言うのが正しいのですが……さて、と。

流れなんて気にせず話を進めますが。
神出鬼没と言うのは現象のひとつと言えます。

観測結果に近いですね。
自分から見て、よりも。

周りから見て、のほうが。
より一層、その存在を色濃く残す。

──ですので。
周囲から見て──それこそ『突然』──現れるように見える、と言うのが。

神出鬼没になる条件なのかと。
で、その『突然』ですが。

客観的に見て。
今まで存在していない状態として認識されていたモノが存在しているように見做さざるを得ない状態となる。

これが、『突然』現れる──即ち。
神出鬼没になる、条件だと考えます。

……まぁ、簡単に言うと。
背後から近付いて声をかけまくったらいいんですな←

足音を忍ばせて「やぁ」と。
息を殺して近付き「よぉ」と。

声をかけられたらいけません。
こちらから声をかけるべきです。

なぜなら、神出鬼没になるには。
周囲から観測されなくては、意味がないからです。

つまり、神出鬼没になると言うのは。
能動的に行動した結果であり。

「あいつは神出鬼没だ」と言われることについては。
寧ろ褒め言葉だと言うことになるんですな!

いいですね!
神出鬼没!!

皆さんも──あなたも。
是非、神出鬼没になりまsyってぎゃあぁあぁあゲジゲジ急に出てくんな吃驚すんだろやめろ伝ってくんnぐぁぁああぁあああああ(((
posted by バロック at 20:00 | Comment(0) | 黒事実 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月11日

ジャムおじさんの手記

頭が働いているときに。
言葉が出にくいときがある、と言う知人がいまして。

僕の場合には。
頭の働いていないときにも起こるのでどちらでもないなと。

そんなことを、思っていたのですが。
実際には頭が働きすぎてアウトプットができていなかったのかなぁと。

そう、思い始めてきたので。
本日はそれを、したためておきます。

──詰まるんですよね。
もしくは、過集中になっていると言いますか。

何か取り出そうにも。
何を取り出せばいいのか分からなくなっているような感じです。

まるで、大量の砂糖を振りかけたイチゴをぐつぐつと煮えたぎらせたことで。
砂糖かイチゴを取り出そうとしても困難なことと、同様に。

もしかしたら知人の場合には。
異なるのかも、しれないのですが。

僕の場合には。
そんなイメージで差し支えはなさそうだと、思うのでした。

……あぁ、コンピュータの無限ループのようなモノでしょうか。
堂々巡りをしてしまっている、ような。

僕の頭の中では。
このようなことが混沌として、起こっているような気がします。

……脳みそについては原型を留めていますよ?
比喩ですからね?──と、言いましても。

脳の形や性質を習ったから。
原型を留めていると、見做せるわけですが。

本当に僕の脳みそについては原型を留めているのか否かについては。
謎ですね……と思って頭を振ってみたのですが。

頭の片方につられて動くとか。
回ってみたら外に引っ張られるってことがないので、それはなさそうだなぁと←

……気体の場合?
それは盲点でした……え、スカスカピーマン?←

そ、それはないと思いたいですね。
それはそれで、重心を取りにくいのでは……最初からそうだからバランスを採れてる?えええ←

……。
………………もう、考えないことにします()
posted by バロック at 20:00 | Comment(0) | メモ帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月10日

ジャムおじさんの話

明確な理由のないときには。
選択せず、保留にしておくタイプなのですが。

このデメリットとしましては。
納得できない限りは選択しない……と言うことですので。

ずっと、結論を出すことを。
先延ばしにする可能性がある、と言うことなのですよ。

と、言いましても。
先延ばしする癖が(先延ばししないことのほうが苦痛でない限りは)ない僕にとって。

保留しておけば、そのうち閃きますし。
放っておくのが気持ち悪いと思うタイプゆえ。

どちらにせよ、先延ばしすることなく処理してしまう。
……僕の特性から言えばその筈、だったのですが←

ハイレンジテストに関しましては。
納得できず、提出していない状況だったりします←

30問あるのですが、これってもしかして。
全部納得して提出しようとしたら寿命のほうが早く来たりします?←

どうしても解けない問題は捨てるべきなんですかね。
思考して、試行を重ね、全て回答した結果、僕の仲間達は数問単位で間違えていると思うのですがはて?

……と、言うわけで。
もう暫し、提出はかかりそうです──と言う言い訳でした、てへ←
posted by バロック at 20:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする