ルーン使いの言の葉

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

2019年11月30日

暇人の戯言

不意に過ったことなのですが。
ロボットにもできる簡単な仕事を人がするなんて。

リソースの無駄な気がしているのです。
ロボット、人件費よりも格段に安く手に入ることができれば。

きっと、単純なアルゴリズムでできるようなことを。
ロボットが全て行ってしまうので。

人はやることがなくなり。
余裕を持つようになり。

人々に開けっぴろげな性格になり。
問答をしまくるようになり。

詭弁家が増え。
取り締まりが厳しくなり。

本を一冊も書かないような知の巨人が現れ。
あとで毒杯を仰いでお亡くなりになると言う。

そして、その人が死んだことで。
暴走したロボットを止めることができる唯一の鍵を失い。

やがて、ターミ○ーターの世界へ。
いやぁ、大変ですねぇ←

……まぁ、妄想ですよ。
僕だって現実逃避したいのです。

できれば。
一生、ね←

とは言いつつも。
ロボットができるようなことを人間が行うなんて。

やっぱり、よろしくないと言いますか。
寧ろそれをぼけーっと眺めている人間はその便利さに甘んじ。

停滞し、退化せざるを得ないのでは。
なんて、考えるのです。

……AIであれば人間超えるんじゃないですか?
ですが、そう言った存在くらいは生み出さなくてはとも思いますよ。

生殖方法は別に。
有性生殖だけではないですからねぇ……なんて。

戯言ですよ。
でも本当に。

ロボットでできることを人間がし続けているなんて。
平和になったなぁと、思うのですよ。
タグ:暇人 戯言
posted by バロック at 20:00 | Comment(0) | 戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月29日

音フェチの戯言

雨の音が好きです。
衣擦れの音が好きです。

かきくけこの音が好きです。
硬質なモノが割れる音が好きです。

川のせせらぎとともに、葉がさざめく音が好きです。
そして──自分がひとりぼっちで小さな存在であることを認めざるを得ないような。

無音が、大好きです。
愛しています。

ペンが紙をなぞる音も。
黒板にチョークが当たる音も。

キーボードが文字を入力する音も。
全てが愛おしく、狂おしい大切なモノです。

ただし、それらが全て合わさると。
とんでもなく調子の外れた、騒音に成り下がるのです。

指揮統制がとれていないのでしょう。
これら、彼等の指揮統制が。

それか、周囲を指揮統制しようとする余り。
自分の指揮統制をとることができず、暴走してしまっていると言えるのかも。

しれませんね。
──なんて、言ってみる←

答えは既に出ているのですから。
それに伴い、動くまでなのですよ。

──あぁ、一先ず。
狂ったフリをするのも飽きてきたので、明日から平常運転に戻りますか。
posted by バロック at 20:00 | Comment(0) | 戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月28日

しりとる話

『限界しりとりmobile』にハマりました。
面白いアプリだと思います。

僕のように引き籠りを拗らせると。
インプットばかり増えてアウトプットの機会が。

どんどん。
減っていくモノですので。

実際に誰かと。
面と向かって話をしようとすると。

恐ろしいほどの早口になったり。
語彙のレベルを度外視した話ばかりしがちになるのですが←

それを緩和するには。
このアプリゲームは、ちょうどいいなぁと思うのです。

アウトプットを楽しみながら行うことで。
他の場での過度なアウトプットを防ぐことが、できますし。

適切な用語を取り出す訓練にも、なりますので。
全力で、お勧めします。

……ADHDじゃないですよ、僕は。
勝手に疑わないこと、いいね?←

──ただ、これには問題がありまして。
やり込みすぎるんですよね、僕のような負けず嫌いは。

それこそ。
寝食をそっちのけでプレーしたりですね……え、ADHD?違うっちゅーに!
posted by バロック at 20:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする