ルーン使いの言の葉

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

2018年10月16日

K200()

尊属殺人重罰規定、と言うモノがありまして。
簡単に言うと。

父母や目上の血族を殺したら。
それ以外の血族や他人を殺したときよりも刑罰を重くします、と言う規定でして。

親殺しは重罪とは、言われますが。
それはこの規定に、根強く表れているのでした。

子どもが親を殺せば死刑、みたいな。
過去に、父親から夫婦関係を強制されて出産までさせられた女性がその父親を殺したときに、この刑罰の加重はあんまりじゃないかと違憲判決が下された辺りから。

その規定は、削除される方向へと進んだわけですが。
実は、この違憲判決には注意しなくてはならないことがあって。

それは……尊属殺人重罰規定ができた理由については、不合理とは見做されていないと言うことが。
つまり、尊属殺人重罰規定ができる際の立法目的については違憲と見做されていないと言うこと、なのです。

ただし、その立法目的を達成するための手段。
即ち、尊属を殺したときに加重することで立法目的を達成させようとするのは、不合理ではないかと。

そう、判断されたがゆえの。
違憲判決、と言うことなのです。

平成28年度の憲法の問題で。
違憲とされたのが立法目的かその手段かの区別を問うた問題が、出題されておりまして。

僕はまんまと、間違えたわけですね。
……かなりショックでしたよ、高校でも習う範囲ですからね、尊属殺人重罰規定って。

前職で、その規定についての背景から何から解説したこともありますし。
あのときの僕を殴りてぇ、なんて思うとどうも凹まざるを得ないモノががが←

と、言うわけで。
やっぱり、前職から離れられてよかったなと思いました。

生半可な思考レベルでも、問題は解けてしまいますし。
解説もできてしまうので。

その思考レベルに達していない生徒ばかり受け持つと。
少しずつ違和感が積み重なってきてしまって、息苦しくなっていくのです。

僕はなぜ、こんな中途半端なのだろう、と。
ですから、それも含めて前職を辞められてよかったなと。

そう、思うのでした。
……あ、そうそう。

行政書士試験はマークシート式なのですが。
解いている間、頭を使っている感じが全くしていなくてですね。

当分、『ルーン使いの言の葉』のブログネタは。
行政書士試験の問題を解いたときの感想ないし心に残っている問題の解説(と言うかお喋り)になるかと思いますが。

その点につきましては、ご容赦いただけると助かるのです。
お願いしますね、えぇ。

……いや、記念受験のつもりだったのですが。
自信満々にマークした問題が間違えてたり、目標点数に届かなかったりすると悔しいモノがありますゆえ。

さらに、本気でインプットないしアウトプットをしたくなっちゃいまして。
……てへへ←

と、言うことでして。
なるだけお堅くなりすぎないよう、自らの言葉に噛み砕いてお伝えしてまいりますので。

何とぞ、よろしくお願いします。
ではでは、勉強を再開しまーす←
posted by バロック at 20:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月15日

滑稽な問題の話

以前、試験問題の過去問を解き直していたら。
その当時に誤答した自分が滑稽になる、と言う話をしましたね。

割と、試験問題には。
そう言ったギャグ問が、多くありまして。

特に、一般知識の問題では。
こんな問題を間違える人なんているんだろうかと、首を傾げたくなるような問題もありまして。

例えば。
平成27年度の問題では。

『ファイアウォールとは、火事の際の延焼を防ぐ「防火壁」から取られた用語で、企業などが管理するサーバ・マシンを物理的に取り囲んで保護する装置をいう』なんてモノがありました。
ファイアウォールの説明が合っているか、正誤判定するモノですが……もちろん、×ですねこれは←

物理的、と来たかぁと。
解いたときの僕は笑いそうになってしまったのを覚えています……すごくゴツいモノを保護するのか、と。

コンピュータウイルスなんかは、物理的障壁で防げませんから。
違うよなぁと思って、正解したのですよ。

ないしは。
炎上を防ぐために物理的障壁を持ってきても、Twitterでの炎上は防げないと言いますか……クソリプの嵐やリツイートを止めることが先け……脱線するのでやめますね←

あと、他には。
平成29年度の問題では。

『アメリカのG.W.ブッシュ第43代大統領は、G.H.W.ブッシュ第41代大統領の孫である。』
とか。

アメリカは3選禁止で、3選以上歴任したのなんてフランクリン・ルーズベルトくらいだったと思いますが。
1回の任期が4年で2期までしか大統領で居られないのが原則なので、最長で8年。

2つ代が交代して、最長で16年。
G.H.Wブッシュは65歳くらいで大統領に就任しているので、孫が若かったとしても20歳前後でしょうか。

それから、第41代が終わり、第42代も終わり、第43代となったとき。
その孫は、最長で36歳前後なわけですね。

若すぎるんです。
セオドア・ルーズベルトが史上最年少でアメリカ大統領に就任しましたが、42歳のときですしおすし。

と、言うわけであり得ないと。
第43代のブッシュは孫ではなく子どもだろうと。

もう、10309日生きた僕にとって。
これほど滑稽な問題は、誤答するのが恥ずかしいくらいの易問だと思うのですが。

行政書士試験には、受験の際の年齢制限が存在しないらしく。
そう言った、若い(と言うか幼い)子を落とすためにこう言ったギャグのような問題を用意しているのかなと。

試験に合格して、登録料諸々を払えば行政書士になれてしまうので。
それを防ぐためなのかなぁ、と。

そう考えると。
年齢制限を不問にしている資格試験の類は、上記のような手法で篩にかけているのだなぁと思うのでした。

実際、法令に関する問題でも間抜けに思える問題はあるのですが。
それは勉強しているからこそ間抜けに思うのか、それとも門外漢でもそう思えるのかが疑問なので。

今回は、割愛しました。
もう少し勉強を進めてみて、目利きができるようになったら紹介するか考えますね。

さて、と。
寝るまで少し時間もあるので、勉強を再開するとしましょうかねぇ。
posted by バロック at 20:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月14日

道化を俯瞰してみると

行政書士試験の問題を解いていて。
面白いな、と思う瞬間は。

最初、正解の選択肢を見つけるためにテンパりつつ解いていたモノが。
後日、解き直すといとも簡単に解けてしまう……くらいなら普通なのですが。

ほかの選択肢が、ギャグのようなことを列挙しているだけだと気付くことが往々にあって。
そのときは、すごく面白いし滑稽だなと思えるのですよ。

初見のときになんで。
この滑稽さが理解できず、真面目に解いて且つ間違えたんだろう、と。

自分自身が情けなくは、ならないまでも。
まだまだ浅かったなぁと、恥ずかしくなるわけですが。

そのたび、いま現在の僕自身が。
それを浅く感じられるほどに深く掘り下げられていることを実感するわけでして。

そうなると。
ここまで来たかぁと、思うのですよ。

やっと、泥水が汲めるようになっただろうかと。
もっとり進めて、綺麗な水に辿り着かなくては。

そう、思うので。
TwitterやFacebookに現を抜かすことなく、問題を解いていくとしましょう←
posted by バロック at 20:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする