ルーン使いの言の葉

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

2018年09月24日

性理不一致

理想の歩行速度と言うのが。
人にはそれぞれ、あると思うのです。

ゆったり歩きたい人は、その通りに。
さっさと歩きたい人も、その通りに、と。

僕の場合は、後者ですが。
理想とする身体的な歩行速度と心理的な歩行速度が一致していないことが多いので、少し困っています。

心理的に楽な歩行速度でさっさと歩くと。
歩いている最中は気持ちがいいですし、頭もよく働くのですが。

実際、目的地に着いたらどうなるかと言いますと。
心拍数が跳ね上がり、呼吸も乱れ、思考と感情が乱高下を起こすのです。

それは、理想とする身体的な歩行速度はもう少し遅いほうがよいと言うことであって。
心理的に理想とする歩行速度と乖離している、と言うことであり。

じゃあ、身体的な歩行速度に合わせるとどうなるかと言いますと。
なんだか落ち着かなくなってくるのです……色々と無駄なことをしている、気がしてきまして。

打開策としましては。
歩くことを止めると、乱れるので。

歩き続ければいいんだなと。
そう思いつつ……泳ぐのを止めると死ぬマグロみたいだなと、思わなくもないですね、えぇ←

ただ、それくらいしか方法がないのですよ。
歩いている最中は問題ないと言うことは、体力がないのとはまた違いますしおすし。

それとも、酸素の交換が上手くいっていないんでしょうか。
僕、呼吸はきちんとしていますしリビングデッドと言うわけではないんですが……かゆ……う……ま…………それにしても。

最近よく、お粥を食べたいって思うんですよね。
なぜでしょう……え、脱線するな?しゃーないなぁ()

んー、理想の身体的な歩行速度と心理的な歩行速度が一致しない、と。
それを止揚するには、どうすればいいのか……もう少し、考えないといけないですね。

僕、こう言ったトンチはあまり得意じゃないので。
ドツボにハマる気が、しないでもないのですが。

その時々で、歩行速度を変えるべきでしょうか。
一種の、ギアチェンジのように。

さっさと歩きたいときは、心理的な歩行速度を優先し。
ゆったり歩きたいときは、身体的な歩行速度を優先する、と。

ただ、ゆったり歩きたいときかぁ。
……あったっけ、そんなの←

まぁ、使い道があれば、そのときはそのときで。
と言いますか、こんなことを考えている時点でそれを使い分ける機会が存在しなかったと言う残念な事実を露呈させることになっているので……は……?

……。
……………………ふーんだ、もういいやこの話おしまいっ(逃
posted by バロック at 20:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月23日

168時間ぶりのデジャビュ

まさかとは思うのですが。
明日も祝日なんですっけ。

先週も、祝日だったような。
8月を経験してしまうと、ピンと来ないですね。

こう言った、2週連続で祝日が来るなんて。
厳密に言えば、祝日の振替休日なわけですけども。

さてさて。
明日も試験勉強に励みましょうかね。

本日から起算すると。
あと、7^2日しかありませんし。

詰められるところは、詰めなくては。
会社法、もうちょい読み込んでおきましょうかねぇ〜

会社法の配点は300点中20点と。
かなり少なめな配分では、あるのですが。

されど20点です。
少し間違えたら、20点なんてあっと言う間に失点してもおかしくないので。

詰められるなら、どんどん詰めていけたらいいなと。
上司曰く、僕はスポンジのように吸収しまくるらしいので←

なんて。
そうと決まれば、今からそれを実行するとしましょう。

そろそろ、小説を読むのはお預けでしょうか。
……嫌だな、うん……10月になったら、ストップと言うことにしましょうか。

小説は、いつでも読めますが。
11月の試験を逃すと、1年ほど機会を損失するのと等しいわけですし。

せっかくですから。
本気を出せるうちに、いくらでも。

向き合える部分は、向き合うとしますか。
さてと、本日の残りも全力を尽くしましょう。
posted by バロック at 20:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月22日

過読症者の戯言

常に、読みたい本があり。
最低、1日1冊読めていないとウズウズしてきます。

3日も読めていない日があると、発狂するんじゃないかと。
そう、思ったりもしますが。

ここ最近は、それほど読まない日がないですし。
別に数こなしが読書の目的ではないので。

質のいい文章が読めれば、それでよく。
別にそれが原材料名だろうが、教科書だろうが、議事録だろうが。

秀逸な文章でれば、いくらでも読めてしまうのです。
ハイパーレクシアの本懐、と言うべきでしょうか。

あと、もともと理系なので。
数式を読むことが苦痛ではない僕としては。

理工の本を読むことも。
証明の過程を読むことについても、それはそれで。

僕の読書欲を、満たすには。
充分すぎるとは言わないまでも、不満ではないわけなのでした。

……え、数式読んでると解きたくなってきませんか?
脳内で読みつつ解いてても、空で解けるかと言われれば……疑問なことって、ありますよね。

択一式や穴埋め問題は解けても、記述が苦手と言うのはあると思いますが。
それに似た感触を、理工の本から感じ取るのですよ。

そもそも、理工の本ってサクサク読むには不適なわけなのですが。
教養本の類でも、段階を踏んでじっくり読まないと……ね←

ですから、充分に満足はできないのですよ、理工の本は。
充分になるまでの時間が、圧倒的に足りないのですから。

なんて、言ってみる。
それくらいの時間は確保しろよと、僕自身も思うわけですが←

まぁ、これは。
ハイパーレクシアの戯言と言うことで、ひとつ。
posted by バロック at 20:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする